BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

文書を流通させる新ブランド「invoiceAgent」
企業間DXプラットフォーム発表
ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、帳票・文書管理事業の第3の柱として、文書を流通させる企業間DXプラットフォーム「invoiceAgent」を6月16日(水)に発表しました。その第1弾として「invoiceAgent TransPrint(インボイスエージェント トランスプリント)」を6月21日(月)より提供開始します。

1.背景

デジタル化による経済活動を背景に、自治体および企業において文書の電子化が普及しています。特に企業は、コロナ禍の事業継続としてバックオフィス業務を中心としたデジタル化やペーパーレス化の取り組みが加速しており、それらの過程において、インボイス制度の開始や電子帳簿保存法の改正など新たな法制度への対応に迫られています。

2.当社の提唱する”企業内DX”と”企業間DX”

当社では、個々の企業や組織内での業務の生産性向上を目的とする、各業務の電子化への変革を”企業内DX”と位置付けています。一方で企業と企業、ひいては業界全体で流通する発注書や請求書など紙帳票をデジタル化し、当社が提供するプラットフォーム上でデータの受け渡しを行うことで、文書の流通やペーパーレスやハンコレスが可能になる”企業間DX”を提唱し推進します。

3.「invoiceAgent」について

新ブランド「invoiceAgent」は、”企業間DX”の具体的ソリューションとして、当社の帳票基盤ソリューション「SVF」、ドキュメント管理ソリューション「SPA」に続く帳票・文書管理事業の第3の柱になります。
また、3つの製品から構成されます。

  1. 電子取引
  2. 電子契約
  3. 電子伝票

「invoiceAgent」は、企業間のあらゆる文書をデータ化し、クラウド上でセキュアかつ高速に流通できるプラットフォームとなり、日本の商取引を変革する”企業間DX”を支援します。請求書の電子配信、電子契約、関連文書管理により、煩雑な紙文書を介した企業の業務担当者を解放し、企業間取引における効率化により、ビジネススピードを飛躍的に向上させます。今後、数年間で3万社の導入を目指します。

4.「invoiceAgent」の構成

①invoiceAgent TransPrint

「invoiceAgent TransPrint」は、既存システムを変えることなく、請求書・支払通知書・注文書・納品書などのあらゆる企業間取引文書の電子化と配信・返信が可能。取引に紐づく文書の一元管理やインボイス制度・電子帳簿保存法にも対応する電子取引サービスです。

2020年1月に提供開始した「SVF TransPrint」の名称を「invoiceAgent TransPrint」に変更し「invoiceAgent」のファミリーブランドとしてとして6月21日(月)より提供開始します。

これまで配信設定は、文書を保管するツールであるSPA Cloud上で行う必要がありましたが、今回提供する最新機能より、専用の画面「配信サイト」から帳票のアップロードやダウンロードができるようになり効率化がはかれます。また同サイト上にCSVから帳票を作成し配信する「帳票生成機能」を新機能として提供します。

invoiceAgent WingSign(インボイスエージェント ウイングサイン)

「invoiceAgent WingSign」は、既存システムを変更することなく契約書作成・確認・署名から保管管理までのすべてを電子化し、ペーパーレス・ハンコレスを促進。契約に基づく取引文書も一元管理し契約業務に新たな安心と価値をもたらす電子契約サービスです。今夏提供開始予定です。

③ invoiceAgent DocketX(インボイスエージェント ドケットエックス)

「invoiceAgent DocketX」は、あらゆる納品に関わる伝票をデータ化し、伝票回収・保管に関わる工数・コストを削減。電子受領確認により、物流・配送情報をリアルタイムに把握することで業務を見える化し、日本の物流に変革をもたらす電子伝票サービスです。今秋提供開始予定です。

コメント 株式会社日本アクセス様 常務執行役員/総合企画・ICT管掌補佐/ICT担当 奥川 洋介 氏

株式会社日本アクセスは、invoiceAgentとそれを構成する製品群のリリースを心より歓迎いたします。弊社は業務プロセスのデジタル化と効率化に取り組む中で、昨年今回リブランドしたinvoiceAgent TransPrintの前身であるSVF TransPrintを導入し、抜本的なペーパーレス化に取り組み、郵送をしていた請求書の大半をWeb配信化しました。企業間のDXを促進する価値ある製品として今後リリースされるinvoiceAgent製品群にも注目・期待しております。

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1stは、業務処理における全ての帳票の効率的な運用を支援する帳票・文書管理ソリューションと、成長のための業務改革をデータ活用によって推進するデータエンパワーメントソリューションを提供しています。

社 名     :ウイングアーク1st株式会社
代表者   :代表取締役社長兼CEO田中 潤
URL      :https://www.wingarc.com/
主要業務 :帳票事業、データエンパワーメント事業、第三者データ提供サービス等
本社所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー

▼外部リンク
https://www.wingarc.com/public/202106/news1420.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top