BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

野村不動産株式会社 住宅事業本部「Workday Adaptive Planning」をベースに 予実管理を実現し、集計作業7割削減に成功!

国内唯一のビジネスインテリジェンス/データウェアハウス専業ソリューションベンダーである株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘、以下:ジール)は、2020年12月2日、総合不動産会社の野村不動産株式会社(以下:野村不動産)の住宅事業本部における予算管理システムの構築事例を発表しました。

予算管理システムの導入背景

  1. Excelを用いた予実管理業務を効率化し、作業の負担を削減したい
  2. 更新履歴に基づく特定の時点での正確な予実比較を行いたい
  3. 画面改修などに際してSIベンダーに頼らず、自社運用を実現したい

これらの課題に対して、ジールは「Workday Adaptive Planning」の豊富な実績と知見、基本機能を活かしながらもプラスアルファーの仕組み提案を行ったことで、野村不動産の要件に合致し導入に至りました。

「Workday Adaptive Planning」の効果

「課題として掲げていた履歴に基づく管理や集計が簡単に行えるようになり、月次や週次の定例報告や決算、予算の見直しにおける予実レポート作成に要していた集計時間も7割ほど削減することができました。その結果、より精緻な予実分析を行ったり、経営部門からの『過去のある時点の実績を比較した資料が欲しい』などのスポットでの依頼にも応えたりできる余力が生まれています」(ご担当者様)

  • 担当者の集計作業の負荷を約7割削減!
  • 差分更新の確認が容易になり予実管理業務の精度向上!
  • 正しい数値や情報を入手できるようになり、計画の策定も実現可能となった!
  • スマートな運用で、経験の浅いスタッフでも円滑な業務遂行ができる!

◆詳細な事例はこちら
https://www.zdh.co.jp/customer/realestate/nomura-re/

◆Workday Adaptive Planningの製品サイトはこちら
https://www.zdh.co.jp/products/workday-adaptive-planning/

同社は、BI分野における30年以上の経験に基づいた知見に加え、最新のビッグデータ技術を駆使した先進的なサービスをご提供しています。これからBI導入を検討されるお客様から、既存の分析から高度な分析へシフトされるお客様まで、「情報活用力」向上の実現をしっかりと支援します。

社 名     :株式会社ジール
代表者   :代表取締役社長 岡部 貴弘
主要業務 :ビジネスソリューションパッケージの開発・ライセンス販売・コンサルティングサービス・サポートサービスなど
本社所在地:東京都品川区上大崎2丁目13番17号 目黒東急ビル6階
URL      :https://www.zdh.co.jp/

▼外部リンク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000171.000016467.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top