BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

チーターデジタルと電通デジタル、ゼロパーティデータを活用した企業支援を開始

企業のロイヤルティ戦略を支援

チーターデジタル株式会社は、2020年1月17日、ゼロパーティデータを活用した企業のロイヤルティ戦略支援において、株式会社電通デジタルと協業を行うと発表しました。

チーターデジタルは、次世代の顧客エンゲージメントソリューションプロバイダーを自認するcheetahdigital社の日本法人。電通デジタルとの協業では、パーソナライズされた顧客体験などの実現について支援が提供されます。

顧客それぞれに最適化されたブランド体験を提供

cheetahdigital社は、次世代マーケティングプラットフォームとして『Cheetah Digital Customer Engagement Suite』を展開しています。同製品は、顧客やユーザーが興味関心や嗜好を自発的に提供するゼロパーティデータを活用することが、大きな特徴です。

ゼロパーティデータは、個人情報保護の重要性の高まりなどを受けて、近頃大きな注目を集めるようになりました。同製品ではこのゼロパーティデータを、顧客との自然なインタラクションを通じてスムーズに取得することが可能。顧客それぞれに最適化されたブランド体験の提供を、可能にしています。

真のロイヤル顧客を核にした事業成長をサポート

チーターデジタルは、『Cheetah Digital Customer Engagement Suite』の日本展開を加速すべく、電通デジタルと協業を開始しました。両社の協業では、同製品の市場への提案および実装推進を展開。顧客ロイヤルティ戦略の構築支援やゼロパーティデータの収集支援を行うとのことです。

両社は今後、真のロイヤル顧客を核にした事業成長をサポートするとしています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

電通デジタルと企業のロイヤルティ戦略支援において協業 – チーターデジタル株式会社
https://www.cheetahdigital.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top