BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI自動要約システム「QuickSummary」、コンタクトセンター向けCRMと連携

要約・分類・キーワード抽出などを自動化

株式会社エーアイスクエアは、2020年1月14日、同社のAI自動要約・分類システム『QuickSummary』について、テクマトリックス株式会社のCRMシステム『FastHelp5』とシステム連携を行うと発表しました。

『QuickSummary』は、要約・分類・キーワード抽出などを自動化するAIシステム。『FastHelp5』は、コンタクトセンター向けのCRMシステムです。

『QuickSummary』と『FastHelp5』

エーアイスクエアは、AIを活用した各種ITサービスの提供およびコンサルティングなどを手がける企業です。同社の『QuickSummary』は、独自開発のアルゴリズムによりコンタクトセンター業務を高度化・効率化するシステム。問い合わせ内容の分析や履歴入力作業などにおいて、省力化を実現しています。

テクマトリックスは、情報基盤事業とアプリケーション・サービス事業を展開している企業。同社のCRMシステム『FastHelp5』は、電話やWebなどから集まる顧客情報やコンタクト履歴を一元管理できるもの。使いやすさと豊富な機能で、コンタクトセンターの業務効率化と品質向上を支援しています。

AIを用いた様々なイノベーションを実現

『QuickSummary』と『FastHelp5』の連携では、問い合わせ内容の要約・分類や履歴入力作業の省力化と共に、内容に関するVoC分析の高度化も実現されます。

両社は今後も、コンタクトセンターの運営課題を解決すべく、AIを用いた様々なイノベーションの実現を企図。コンタクトセンター業界における「働き方改革」を支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI要約・分類システム『QuickSummary』とCRMシステムが連携 – 株式会社エーアイスクエア
https://www.ai2-jp.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top