BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

位置情報データ活用「Location AI Platform」、サービスプランを改訂

「AI商圏」と「AI集客」の提供を開始

クロスロケーションズ株式会社は、2019年12月19日、同社の位置情報データ活用プラットフォーム『Location AI Platform』のサービスプランを改訂しました。

『Location AI Platform』は、位置情報ビッグデータを企業の業務で活用できるよう分析・視覚化するプラットフォーム。今回のサービスプラン改訂では、ベーシックな利用プラン「AI商圏」と、店舗への実集客を目的としたプラン「AI集客」の提供が開始されます。

リアルな商圏把握を実現、今までにない効果をもたらす

クロスロケーションズは、AIによって位置情報ビッグデータを解析・可視化する独自技術を持つ企業です。『Location AI Platform』の提供を通じて、多種多様な位置情報や空間情報を誰もが活用できるようにすることを、目指しています。

同社の『Location AI Platform』は、位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・視覚化を行うことで、エリアマーケティングを一気通貫で実行できるプラットフォーム。流通・外食・不動産など様々な業種業態において、リアルな商圏把握を実現し、今までにない効果をもたらしています。

来店効果を高める「AI集客」

クロスロケーションズは、『Location AI Platform』利用企業のニーズに対応すべく、2プランの提供開始を決定しました。「AI商圏」では、膨大なロケーションデータからエリアマーケティングを実現。「AI集客」では、分析結果をダイレクトに集客活動へ活用し、来店効果を高めることが可能です。

同社は今後も、利用しやすくなった『Location AI Platform』を通じて、マーケティング担当者を支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「Location AI Platform」 サービスプランを改訂 – クロスロケーションズ株式会社
https://www.x-locations.com/news/20191219

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top