BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ロイヤリティ マーケティング、データを活用したマーケティングの高度化を推進

アクセンチュアと協業

株式会社ロイヤリティ マーケティングは、2019年12月19日、データを活用したマーケティングの高度化を推進するため、アクセンチュア株式会社と協業を行うと発表しました。

ロイヤリティ マーケティングは、ポイントサービス『Ponta』を運営する企業。アクセンチュアは、アナリティクスやAIなどについて豊富な知見を持つ企業。今回の協業により両社は、データ主導の戦略立案や実行を推進するとしています。

様々なデータの適切な活用を推進

ロイヤリティ マーケティングは、事業者と生活者にとって真の価値ある情報を的確に提供することで、企業にイノベーションを起こすことを目指しています。この理念の実現において同社は、コンサルティング業界において最先端かつ豊富な知見やノウハウを持つアクセンチュアが、最適なパートナーであると判断。今回の協業開始に至りました。

両社の協業では、店舗やオンラインでの購買データなど、様々なデータの適切な活用を推進。顧客ニーズの特定につながるインサイトの抽出や、顧客エンゲージメント維持を実現する分析基盤の構築などが、行われます。また、需要予測や発注最適化といった企業のコスト削減につながる施策なども、推進するとのことです。

包括的なサービスが提供できる体制を強化

この協業をさらに推進すべくロイヤリティ マーケティングは、新たな子会社として株式会社ビヨンド・ザ・データを2020年1月に発足。協業により得た知見やノウハウなどを同社へ組み込み、データ分析の中核組織とすることで、包括的なサービスが提供できる体制を強化するとしています。

ロイヤリティ マーケティングは今後も、顧客企業のマーケティング変革と業務効率化実現を推進するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

データを活用した事業支援に向けて協業 – 株式会社ロイヤリティ マーケティング
https://www.loyalty.co.jp/news/2019121901

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top