BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

LINE、法人向けサービスのクロスターゲティング機能を提供開始

LINE配信でデータ連携、有効な広告配信が可能に

2019年12月12日、LINE株式会社は「クロスターゲティング」の提供を開始すると、発表しました。このサービスは法人向けで、取得データを広告配信に活用できる機能です。

クロスターゲティングの概要

「クロスプラットフォーム」の実現のため、新たな機能として提供を開始します。この機能は、LINE公式アカウントやLINE Ads Platform、LINE Sales Promotionのメッセージ(広告配信、キャンペーンなど)で取得したデータを、サービスを横断して広告配信に活用できます。

第1フェーズはLINEポイントADや公式アカウントで取得したデータを連携して、LINE Ads Platformの配信に利用が可能となります。ユーザーのデータをもとに、リターゲティング配信や除外配信、類似属性ユーザーへの拡張配信などができます。

2019年12月12日よりLINEポイントADでのデータ連携を提供開始します。LINE公式アカウントのデータ連携は2020年1月中の提供を予定しています。

クロスプラットフォーム構築について

同社は、企業とユーザーの良好な関係を長期的に構築できるプラットフォームを目指しています。広告配信の最適化のための改善や、コンテンツ・サービスがより最適になるよう「リデザイン」を進めていました。LINEユーザーのライフタイムバリューを最大化する目的で、構築を進めています。

(画像はLINE株式会社 ニュースより)

▼外部リンク

LINE株式会社 ニュース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/3016

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top