BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

データ利活用領域のビジネスを拡大。TIS、クロスロケーションズと提携

強みを融合したマーケティングの新サービスを提供

TIS株式会社は、2019年12月2日、データ利活用領域における資本業務提携をクロスロケーションズ株式会社と行うと発表しました。

TISは、TISインテックグループにてサービス型のITソリューションを多数提供している企業。クロスロケーションズは、位置情報データ活用プラットフォームを提供している企業。この提携では、両社の強みを融合したマーケティングの新サービスが提供されます。

オフライン領域の行動パターンデータを付加

TISはデジタルマーケティングの支援も多数提供しており、システムの構築から運用まで手がけてきました。この事業の中で同社は、企業それぞれが保有するデータだけでは深い顧客理解が困難であると判断。オフライン領域における人の行動パターンデータを付加すると、より深い分析が可能になると考え、クロスロケーションズとの提携に至りました。

クロスロケーションズは、国内最大級の位置情報データを保有する企業です。また、これらのデータをAI技術で分析・解析する『Location AI Platform』も提供。実世界における人の行動傾向の検証や行動予測を、可能にしています。

従来は不可知だった顧客特性の類推を実現

両社の提携では、マーケティング施策の高度化を推進する新サービスが提供されます。従来のデータ分析では不可知だった顧客特性の類推を実現し、より効果的なプロモーション・レコメンデーションを可能にするとのことです。

両社はこの新サービスについて、ECサイトと実店舗を運営する企業や、顧客エンゲージメントの高度化を指向している企業などに向けて、提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クロスロケーションズとデータ利活用領域で資本業務提携 – TIS株式会社
https://www.tis.co.jp/news/2019/tis_news/20191202_2.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top