BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ALBERTのAIチャットボット「スグレス」、「KDDI Message Cast」と連携開始

オリジナルの言語処理エンジンを搭載

株式会社ALBERTは、2019年5月23日、同社のAIチャットボット『スグレス』が、KDDI株式会社の『KDDI Message Cast』との連携を開始したと発表しました。

ALBERTは、ビッグデータアナリティクス領域においてソリューションを提供しているデータサイエンスカンパニー。『スグレス』は、AI(人工知能)と同社オリジナルの言語処理エンジンを搭載したチャットボットです。

自動学習機能で回答の精度を向上

チャットボットは、AIを組み込んだコンピューターが人間に代わって一定の会話を自動化する「自動会話プログラム」のことであり、「チャット」と「ボット」の組み合わせからその名が付けられています。

AIチャットボット『スグレス』は、自然言語での問い合わせ自動応答機能に加えて、自動学習機能を持つことが大きな特徴です。そのため、業務オペレーションに負荷をかけることなく、回答の精度を向上させることが可能になっています。

『スグレス』は、あらゆるビジネス・コミュニケーションのシーンでの活用が可能です。2017年4月のサービス開始以来、導入企業が増加しているそうです。

産業において実装されるAI開発で、社会に貢献

今回『スグレス』が連携を開始した『KDDI Message Cast』は、「+メッセージ」を利用するエンドユーザーと顧客企業のコミュニケーションを円滑にするサービス。このコミュニケーションにおいて『スグレス』は、自動応答機能を活用した効率化を実現しています。

ALBERTは今後も、様々な産業において実装されるAI開発を通じて、社会に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「スグレス」と「KDDI Message Cast」の連携開始のお知らせ – 株式会社ALBERT
https://contents.xj-storage.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top