BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

オウケイウェイヴ「OKBIZ. for AI Chatbot」、「VOICE to WEB」を提供開始

AIチャットボットのオプション機能

株式会社オウケイウェイヴは、2019年10月24日、同社のAIチャットボットソリューション『OKBIZ. for AI Chatbot』にてオプション機能『VOICE to WEB』の提供を開始しました。

オウケイウェイヴは、Q&Aサイト『OKWAVE』の運営を手がける企業。『VOICE to WEB』は、自動音声応答システムと連携したAIが、電話の問い合わせに対しSMS送信で自動応対を行うというものです。

問い合わせに対し、AIがSMS送信で自動回答

『OKBIZ. for AI Chatbot』は、AIチャットボットが問い合わせに自動回答する、顧客サポートソリューションです。回答の生成には、オウケイウェイヴのFAQシステム『OKBIZ. for FAQ』のFAQデータを活用。また、関連する単語も自動で機械学習するインテリジェンスラーニング機能を搭載することで、手軽な導入・運用を実現しています。

今回『OKBIZ. for AI Chatbot』のオプション機能として提供が開始された『VOICE to WEB』は、音声通話による問い合わせに対して、AIがSMS送信で自動回答を行うというもの。回答は、FAQサイトへのURLをSMS送信し、自己解決を促進する形で行われます。

顧客満足度を向上、対応コストも軽減

オウケイウェイヴは『VOICE to WEB』について、繁忙期や夜間・休日などにおける顧客サポートチャネルとして活用できるものであると自負。また、顧客対応の充実や顧客満足度の向上、さらには顧客対応コストの軽減などについても、効果が期待できるとのことです。

なお『VOICE to WEB』は、ルーシッド株式会社のクラウド音声AI電話サービス『CallCall-IVR』との連携に対応しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AIがSMSで自動回答する「VOICE to WEB」の提供を開始 – 株式会社オウケイウェイヴ
https://www.okwave.co.jp/press/20191024/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top