BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

オークネットのAI粗大ごみ画像認識サービス「ソダイ」、横浜で活躍中

粗大ごみ受付チャットボットへの導入を開始

株式会社オークネットは、2019年10月8日、AIを活用した粗大ごみ画像認識サービス『SODAI Vision API(以下『ソダイ』)』を開発し、横浜市に導入したと発表しました。

『ソダイ』は、ディープラーニングの活用により開発が実現した、粗大ごみの画像認識AI用APIです。横浜市において『ソダイ』は、同年9月2日より粗大ごみ受付チャットボットへの導入が開始されています。

写真を解析した上で、手数料などをAIが回答

『ソダイ』は、オークネットが2016年にリリースした中古車の車両画像識別システムを活用する形で、開発されました。利用者からの「捨てることができるか」「手数料はいくらか」といった疑問に対し、スマートフォンから送られた写真を解析した上で、AIが回答します。

横浜市への『ソダイ』導入は、オークネットと株式会社NTTネクシア、そしてNTTテクノクロス株式会社の3社が連携して行うものです。NTTネクシアは、コンタクトセンターソリューションサービスを手がける企業であり、横浜市の粗大ごみ受付センター運営も担当。NTTテクノクロスは、同センターにチャットシステム『Remote Attend』を提供しています。

問い合わせに対して、24時間自動応答を実現

粗大ごみ受付センターにおいて『ソダイ』は、ごみの種類・捨て方・手数料などに関する問い合わせに対して、24時間自動応答を実現。また、NTTテクノクロスの『Remote Attend』導入により、同一のチャット画面内で有人オペレーターとの会話を含めたサポートも、実現しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

粗大ごみ画像認識AI、横浜市の粗大ごみ受付チャットボットへ導入開始 – 株式会社オークネット
https://www.aucnet.co.jp/nw_corp/20191008_01/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top