BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

最適な中古マンションを検索できる「カウル」、会員数4万人に達する

会員数4万人、AIを使用した中古マンション検索アプリ

2019年8月16日、株式会社Housmartは自社のアプリ「カウル」の会員数が4万人に達したと発表しました。サービス開始から3年8ヶ月の快挙となります。

「カウル」アプリの概要

「カウル」はAIを使用し、お客様に適した中古マンションを提案するアプリです。アプリの使用料は無料で、スマートフォンにインストールすることができます。

AIを用いることで、今まで推定が難しかった中古マンションの適正価格や35年後までの市場価値の算出が可能となっています。また「カウル鑑定」機能では、購入か賃貸か、どちらがお得かが一目でわかります。公立小中学校の学区指定検索機能(日本初)もあり、ライフプランに合わせて中古マンションを検索できます。

現在、東京23区、三鷹市、武蔵野市、西東京市、横浜市、川崎市の99%のエリアにある中古マンションを取り扱っており、気に入った物件の内覧や購入ができます。

株式会社Housmart

2014年10月に設立された、不動産テック企業です。不動産の売買をAIとビックデータで、従来の不動産売買から変えてきました。「「住」の概念をもっと自由なものに進化させます」、を企業理念に掲げています。

「カウル」以外の運営として、「プロポクラウド」(自動追客ツール)、「マンションジャーナル」(不動産メディア)、「マンションライブラリー」(不動産データベース)の運営をしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Housmart プレスリリース
https://housmart.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top