BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【アントラーズファンに朗報】カシマスタジアムのショップにメルペイ実装

8月10日からサービス運用中

8月7日、株式会社メルカリ(以下、メルカリ)から、メルカリの子会社である株式会社メルペイによるスマホ決済サービス「メルペイ」のコード決済を、カシマスタジアムのオフィシャルショップ等に提供を始める旨が発表されました。

サービスは8月10日から開始されており、オフィシャルショップ(クラブハウス店/スタジアム店)のほか、カシマサッカーミュージアムおよびカシマウェルネスプラザでも利用が可能となっています。

利便性の高さが魅力

鮮やかな赤のイメージカラーが特徴のメルペイは、すでに十分普及している電子マネー「iD」として使用可能であること、またフリマアプリ「メルカリ」の売り上げをプリペイドマネーとして利用できる(一定の手続きを要する)ことなどで高い利便性を確保しているものと評価されています。

群雄割拠状態のスマホ決済サービスの中では後発組の1つではありますが、そうした利便性の高さが徐々に知られ、利用者と導入事業者の双方における普及が、最近になって急激に進んでいるものとみられます。

大規模施設への導入の成果が気になる

そのメルペイが、今回は鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアムにおいて、オフィシャルショップを中心とする複数の店舗に導入されることとなり、すでにサービスが開始されています。

一定の集客が保証されている大規模施設にサービスが導入されることで、メルペイのさらなる普及の起爆剤となるかどうかが注目されます。

また、ここでの集客の多くが「鹿島アントラーズファン」という属性を有する点で、その中でのメルペイの認知、利用者拡大にどのような影響があるのかについても今後が気になります。

このほか、発表の詳細がメルカリのプレスリリースに示されています。

(画像は株式会社メルカリのプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社メルカリ プレスリリース
https://about.mercari.com/

株式会社メルペイ 公式サイト
https://jp.merpay.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top