BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「スムーズビズ」の一環、西武線混雑予測の実証実験を開始

Yahoo! JAPANと西武鉄道、西武線混雑予測をWebで発信

2019年8月1日、西武鉄道株式会社とヤフー株式会社は、西武線の混雑予測をWebで発信する実証実験を行うと発表しました。通勤や野球試合時の混雑の緩和が目的で、快適に利用できるように目指しています。

実証実験の内容

この実証実験は、2019年8月19日(月)~2019年9月20日(金)(33日間)まで実施します。

ヤフー株式会社が運営する、乗り換え検索サービス(Yahoo!乗換案内)で蓄えた路線検索履歴ビックデータを個人が特定できないように統計化し、AIで解析して駅ごとの混雑パターンを洗い出します。さらに西武鉄道株式会社の持つ、駅別、時間別の降車人数データと合わせることで、高精度な混雑予測を可能とします。

実験は通勤で利用される主要駅(池袋駅、西武新宿駅、高田馬場駅、国分寺駅)と野球の試合が行われるメットライフドームの最寄り駅(西武球場前駅)の計5駅で行われます。

この結果は、西武鉄道のWebサイト内に開設される「混雑予報サイト」より閲覧可能です。

実証実験の経緯と今後

この実験は「スムーズビズ」(東京都提唱、交通混雑緩和のための取り組み)の一環でもあり、2019年10月からYahoo! JAPANが提供開始する「DATA FOREST」(企業間ビッグデータ連携による事業者向けデータソリューションサービス)の一例となります。

また、鉄道会社と乗り換え検索サービスの会社が連携する、混雑予測情報提供は国内で初めての取り組みになります。

西武鉄道株式会社とヤフー株式会社は、今後もAIやビックデータを活用してお客様の利便性の向上を目指しています。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

ヤフー株式会社 プレスルーム
https://about.yahoo.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top