BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

マイナビなど、精度が高いターゲティング広告配信パッケージを展開

3社共同、アライアンスパッケージを展開

2019年7月30日、株式会社マイナビ、株式会社電通リテールマーケティング(DRM)、株式会社ZOOOGは3社共同でアライアンスパッケージを展開すると発表しました。

共同のパッケージは広告配信で、元のデータはDRM保有のID-POSデータです。

パッケージの概要

DRM保有の顧客の購買行動ID-POSデータを基にし、お客様の生の声であるVOCの収集や分析をSNSにて行います。さらにオフライン、オンラインの両方のデータを基にし、高精度な記事コンテンツの制作および広告配信がおこなえるパッケージです。

実際の顧客購買行動データを基にしているのが特徴です。

パッケージの開発に至った背景

現在、インターネットの広告配信は様々な企業が実施しています。ですがターゲティングには課題があり、中々効果が出ないという現状がありました。

DRMの持つID-POSの顧客購買行動データ(2000万人規模)と株式会社ZOOOGの持つSNS広告の実績、多くのWebメディアを運営しLTV(顧客生涯価値)を保有する株式会社マイナビが3社が提携することにより、精度が高くターゲティングがより確実な記事コンテンツの制作および配信が可能になりました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社電通リテールマーケティング ニュース
https://dentsu-rm.co.jp/news/804/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top