BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

社内コンテンツ基盤を手軽に構築。文書データ活用「SPA」とCMS「HeartCore」が連携

ウイングアーク1stとハートコア

ウイングアーク1st株式会社とハートコア株式会社は、2019年7月24日、両社が提供しているシステムを連携させると発表しました。

ウイングアークは、文書データ活用ソリューション『SPA』を提供している企業。ハートコアは、Webコンテンツマネジメントシステム(CMS)『HeartCore』を提供している企業。両社は、『SPA』と『HeartCore』を連携させ、クライアント企業における社内コンテンツ基盤を手軽に構築を可能にするとしています。

『SPA』と『HeartCore』

ウイングアークの『SPA』は、OCRと文書管理をオールインワンで提供するソリューションです。紙の書類をデータ化することにより、文書の素早い検索を実現し、作業工数の削減を可能にしています。また、BIツールを使ったデータの可視化や、ETLツール・RPAツールとの連携も、可能です。

ハートコアの『HeartCore』は、ウェブサイトの管理・運用において必要な全ての機能を提供するCMS。SEOなどのマーケティング機能や、EC・CRM・ビッグデータとの連携、またSNSサイトとの連携機能も備え、急激なスピードで進化をしているWebの世界に対応しています。

大量の文書を、企業の資産として有効活用

『SPA』と『HeartCore』の連携によりクライアント企業は、社内コンテンツが集約されたポータルサイトをノンプログラミングで構築することが可能になりました。また、社内文書を一括管理も実現。保存された大量の文書を、企業の資産として有効活用できるようになっています。

両社は今後、社内コンテンツ基盤を構築するイントラネットソリューションとして、サービスを提案するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「SPA」と「HeartCore」が連携 ~社内コンテンツ基盤を手軽に構築~ – ウイングアーク1st株式会社
http://www.wingarc.com/public/detail.php?id=897

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top