BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

喫食行動データを効率的に分析。トレタ、分析サービス「外食データクラウド」提供開始

飲食店における予約行動などを分析

株式会社トレタは、2019年7月8日、分析サービス『外食データクラウド』の提供を開始しました。

同社は、飲食店向け予約/顧客台帳サービス『トレタ』の開発・販売を手がける企業です。『外食データクラウド』は、飲食店における予約行動や喫食行動のデータ分析を効率的に行うツールとなっています。

データドリブンなメニュー開発を支援

トレタは、「食の仕事を、おもしろく」というミッションの実現を目指し、『トレタ』の提供を行っています。外食産業におけるデータの活用を促進すべく、2019年4月にはAIによる飲食データラベリング技術も発表。今回提供が開始された『外食データクラウド』では、このデータラベリング技術が活用されます。

『外食データクラウド』では、「客単価」「時間帯」「グループサイズ」といった様々な切り口でデータ分析が可能。また、エリアごとの飲食消費傾向や、業態ごとのドリンク消費傾向なども、直感的に確認が可能です。店舗における適正価格の検討や、データドリブンなメニュー開発などを支援するとしています。

NTTドコモの匿名化統計データも搭載

『外食データクラウド』は、一般的なBIツールとは異なり、『トレタ』が蓄積した外食に関するデータを予め組み込んでいます。そのため、サービス利用を開始した時点から、すぐに見たいデータを取り出すことが可能です。また、NTTドコモの匿名化統計データも搭載し、外食産業全体のデータを組み合わせた形での可視化も、実現しています。

トレタは今後も、外食産業におけるデータの質と価値を高めていくとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

飲食データラベリング技術を用いた分析サービス 「外食データクラウド」提供スタート – 株式会社トレタ
https://corp.toreta.in/news/2019-07-08/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top