BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

マーケティングのヴァリューズ、データマーケティングの新情報メディア「マナミナ」オープン

市場動向や消費者インサイトなどを発信

株式会社ヴァリューズは、2019年7月8日、データマーケティングの新情報メディア『マナミナ』をオープンしました。

同社は、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供している企業です。『マナミナ』では、市場動向や消費者インサイト、またマーケティングのノウハウなどが発信されます。

データ活用のヒントや事例も無料で公開

ヴァリューズは、25万人規模のネットユーザーの行動ログおよび属性情報を活用した次世代マーケティング手法『VALUES eMark+』を提供しています。また、経営課題のコンサルティングなどについても、独自のノウハウとソリューションを活用する形で支援を提供。新たな市場価値の創造をサポートするすることで、様々な企業の事業や成長をサポートしています。

同社の『マナミナ』は、データドリブン・マーケティングへの期待が高まる昨今の状況に対応し、「まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」をコンセプトとしてオープンされました。同メディアでは、旬なテーマの市場や消費者インサイトの調査結果を、わかりやすい形で配信。データ活用のヒントや事例、また検索キーワードやアプリのランキングデータなども、無料で公開されます。

IT先端技術を活用して、多くの企業を支援

『マナミナ』Webサイトでは、ヴァリューズがこれまで実施した市場動向や消費者調査のレポート記事も、400本以上掲載。用語解説やツール紹介なども随時更新し、「リサーチ&プランニング」を切り口としたマーケティング情報メディアを目指すとしています。

同社は今後も、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、多くの企業を支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

データマーケティング情報メディア『マナミナ』をオープンいたしました – 株式会社ヴァリューズ
https://www.valuesccg.com/information/detail/id=1238

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top