BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

デジタルビジネスをさらに加速。NEC、生体認証・映像分析事業を強化

1000億円の事業規模達成を目指す

日本電気株式会社(以下「NEC」)は、2019年6月21日、生体認証・映像分析事業を強化すると発表しました。

この強化は、デジタルビジネスのさらなる加速に向けた取り組みとして実施されるものです。同事業において同社は、2021年度までに1000億円の事業規模達成を目指すとしています。

個人認証から「おもてなし」まで

生体認証は、複数の技術を組み合わせることで精度が向上する技術です。また、様々なシーンで人の身体を「鍵」や「存在の証明」として活用することが可能になるため、生活における利便性も向上させる技術にもなっています。この生体認証に映像分析技術を組み合わせると、認証した人の動作や周辺状況を理解することも、可能です。

こうした生体認証の可能性にいちはやく着目したNECは、既に約70の国や地域において1000以上の生体認証・映像分析に関するシステムを提供。個人認証により社会の安全・安心に貢献すると共に、地域活性化に向けた「おもてなし」においても利便性の向上を実現しています。

「ベタープロダクツ・ベターサービス」

NECは、創業時から「ベタープロダクツ・ベターサービス」をモットーとして、価値ある製品やサービスを提供している企業です。近年は、社会のインフラシステム・サービスを高度化する「社会ソリューション事業」に注力しており、情報通信技術を用いて「人と地球にやさしい情報社会」の実現を目指しています。

NECは今後も、セーフティ事業を中心として社会ソリューション事業の拡大を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

デジタルビジネスのさらなる加速に向けて生体認証・映像分析事業を強化 – 日本電気株式会社
https://jpn.nec.com/press/201906/20190621_02.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top