BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

公共機関へのデジタルトランスフォーメーションに向け実証実験を開始

コンカー✕慶應義塾大学

株式会社コンカーは6月18日、研究費及び経費管理の業務プロセス改革を目的とし、慶應義塾大学と共同で実証実験を行うことになったと発表。業務効率化・ペーパーレス化を目指します。

機関向け紙書類のデジタル化『Concur』シリーズ

同社は、慶應義塾大学理工学部の経理清算処理を効率化する実証実験を開始します。

紙の見積書・納品書・請求書・領収書、またそれらを補足する添付書類について、同社の開発したクラウドサービス『Concur Invoice(請求書管理)』と『Concur Expense(経費精算・経費管理)』を導入します。

理工学部では、請求書や領収書など紙の書類が5~6万件発生しており、そのチェックや回覧、会計システムへの入力作業などが教職員に大きな負担となっています。これらをデジタル上で一元管理、業務効率とペーパーレス化の有効性を検証するというものです。

業務効率化・ペーパーレス化に向けて

大学をはじめ様々な公共機関におけるペーパーレス化への取り組みは、今後促進されると予想されることから、同社では公共機関向けに実証実験の公募を行い、協力を得た慶應義塾大学にSAP Concurソリューション環境を提供。

検証を行いながら整備を行い、公共機関のデジタルトランスフォーメーションを支援していく予定です。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

株式会社コンカーのプレスリリース
https://www.concur.co.jp/pr-keio-univ-poc

株式会社コンカーの公式ホームページ
https://www.concur.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top