BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

凸版印刷、デジタル技術を活用したマーケティングソリューションをASEANで展開

タイ王国にて現地法人を設立

凸版印刷株式会社は、2019年6月14日、デジタル技術を活用したマーケティングソリューションの提供を、ASEAN全域において開始したと発表しました。

この展開にあたり同社は、ASEANの主要国であるタイ王国にて現地法人を設立。日系企業や現地企業を対象として、デジタル化の支援を行っています。

「デジタル立国」を経済目標として掲げるタイ

凸版印刷は、「印刷テクノロジー」を独自のリソースとして持つ企業です。多くの企業がデジタルトランスフォーメーションの実行段階へ入った昨今は、「情報コミュニケーション」「生活・産業」「エレクトロニクス」の3事業分野でコラボレーションも展開。多種多様な知識やノウハウを融合・体系化し、「トータルソリューション」を開発・提供することで、顧客や社会の課題解決を支援しています。

こうした事業の一環として同社はこれまでも、タイでの観光インバウンド向けコンテンツ制作などを手がけてきました。近年のタイが「デジタル立国」を経済目標として掲げ、ビジネス環境の変化やニーズの多様化が進んでいる点に、同社は着目。そして今回、本格的に提供し、リアルとデジタル技術を融合させたソリューションを提供すべく、現地法人の設立に至りました。

スマートオフィス化の支援も実施

設立されたタイの現地法人では、セールスプロモーション事業やスペースコミュニケーション事業、また文化財デジタルアーカイブ・観光インバウンド事業などが展開されます。スペースコミュニケーション事業では、デジタル技術を活用したスマートオフィス化やスマートファクトリー化の支援も行われるとのことです。

凸版印刷は今後、ASEAN全域でのマーケティングソリューション提供を企図。また、観光支援事業・BPO事業・セキュア事業も推進するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ASEANでのデジタル化支援を本格展開 – 凸版印刷
https://www.toppan.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top