BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIと教育の最前線。デジタル・ナレッジ、AIツール「トレパ」の活用実践を報告

AIを使った英語の授業実践方法を公開

株式会社デジタル・ナレッジは、2019年7月10日、セミナー『英語4技能対応授業を明日から実現!~AIツール『トレパ』の活用実践報告~』を東京・秋葉原にて開催します。

デジタル・ナレッジは、「日本初のeラーニング専門ソリューションベンダー」。同セミナーでは、AIを使った英語の授業実践方法や、先生が使える教案モデルの公開が行われる予定です。

過大な期待や誤解といった問題を解決

デジタル・ナレッジは、1995年の設立以来、1500以上の企業・学校・スクールにおいてeラーニングシステムを立ち上げてきました。教育機関や研修部門の「知識」をより効率的・効果的に受講者へ届けることで、より良い知識社会の実現に貢献しています。

同社は、「既存のリアル教育の代替としてeラーニングを導入する」という時代は、既に終わりつつあると判断。現在は、eラーニング学習を前提とした学習環境づくりを行う時代になったと考え、テクノロジの最新動向に適合させた学習スタイルの提案・提供を続けています。

こうした事業を展開する中で同社は、AIの教育への利用にも注目。社会的にも大きな関心事となっているAI教育について、過大な期待や誤解といった問題を解決すべく、今回のセミナー開催に至りました。

すぐに使えるAI教材の作り方も紹介

同セミナーでは、AI語学学習支援ツール『トレパ』の実践ケースを通じて、英語4技能に対応した教育についての具体的な提案が行われます。また、「AIの活用が実際に学習効果を発揮するのか」といった疑問について、実例に基づいた解説を実施。すぐに使えるAI教材の作り方も、紹介されるとのことです。

セミナー『英語4技能対応授業を明日から実現!~AIツール『トレパ』の活用実践報告~』は、7月10日、東京・秋葉原のデジタル・ナレッジ『eラーニング・ラボ秋葉原』1Fにて開催。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

英語4技能対応授業を明日から実現!~AIツール『トレパ』の活用実践報告~ – 株式会社デジタル・ナレッジ
https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/19305/

AIを使った英語の授業実践とは?AIツール『トレパ』の活用実践報告、開催 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top