BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI技術を活用して行動予測・事故予測モデルを構築

AIでドライバーごとの運転支援を実現

パイオニア株式会社は、2019年5月30日に英Arm社(本社:英国ケンブリッジ)のデータビジネス部門であるArmTreasureDataとモビリティ(移動性のある)分野でAI技術を活用したデータ分析、行動の予測や事故の予測モデルの構築に関する共同開発契約を締結したと発表しました。

共同開発により、パイオニア株式会社の「IntelligentPilot」を基盤として、パイオニアのデジタル地図データを活用したデータ分析に関する技術と、ArmTreasureDataのアクセスが容易なインターフェイス分析プラットフォームの技術をもちより、さらにデータ収集から分析、活用を容易にします。

パイオニア株式会社IntelligentPilotとは

パイオニア株式会社の既に販売された車を対象とする、先進運転支援システムです。データは長年整備しており「デジタル地図データ」、「事故発生地点」、「事故になりそうな地点」、「天気」、「そのドライバーの運転傾向」などがあります。このデータを総合的に組み合わせ、状況に応じて注意、警告をするシステムです。タブレットやスマートフォンに対応しています。

今後の動向

パイオニア株式会社は、2016年に交通事故で死亡した人は世界で135万人に達しているとしています。この中には自動車だけでなく自転車やバイクを運転する人が半数以上を占めています。

共同開発により、対象を自動車に限らず、モビリティ全体の交通事故の削減を目標としています。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

Pioneer
https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/?ref=map

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top