BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

日本マイクロソフト、リターンシップ説明会を実施

キャリアプランに関して日本マイクロソフトとGEヘルスケア・ジャパンが連携

日本マイクロソフト株式会社(以下日本マイクロソフト)と GE ヘルスケア・ジャパン株式会社(以下 GE ヘルスケア・ジャパン)は、キャリアの再スタートを支援するプログラムにおいて連携することを発表しました。

今回、日本マイクロソフトと GE ヘルスケア・ジャパンが連携することにより、候補者に対して昨年までの IT 関連職種だけでなく、より幅広いインターンシップ先の選択肢を提供することが可能となります。

日本マイクロソフトは働き方改革に注力

日本マイクロソフトは、働き方改革の推進、ならびにダイバーシティ&インクルージョンの取り組みとして、出産、育児、介護、配偶者の転勤など様々な理由で、一度正社員としてのキャリアを中断・離職している女性のキャリア再開・職場復帰を支援する「リターンシッププログラム」を 2018 年 1 月から展開しています。

「リターンシッププログラム」は、日本マイクロソフトでの正社員就業を前提とした準備期間として 3 ~ 6 カ月間の有給インターンシップを実施するものですが、「いつでも仕事に戻れる環境の整備」への社会貢献としても位置付け、インターンシップ後には、日本マイクロソフト以外での就業も想定しているプログラムです。

ですが、日本マイクロソフト一社では会社の業態からIT関連職中心の制度になっていました。

女性やIT関連職以外も対象に

GE ヘルスケア・ジャパンは、今回この日本マイクロソフトの「リターンシッププログラム」に賛同し、さらに対象を広げた「リスタート&リターンシッププログラム」を 2019 年 6 月から開始します。

本プログラムは、キャリアを中断している人に加え、これまでとは異なる新しいキャリアに挑戦したい人を対象に、まずはインターンとして受け入れるプログラムです。

何らかの理由で正社員としてのキャリアを中断・退職した方の再スタートや、未経験分野へのキャリアの挑戦には大きな壁があるのが現状の中、本プログラムを通して、本人が希望する働き方の選択や新しい分野での挑戦を支援します。

また本人が希望する場合には、正規の採用プロセスを経て正社員として採用されることになります。GEヘルスケア・ジャパンとの連携により昨年までの IT 関連職種だけでなく、より幅広いインターンシップ先の選択肢を提供することが可能となります。

連携の第一弾としてリターンシップ説明会の実施

両社では多様な働き方を推進し、様々なバックグラウンドを持つ従業員が働きやすい環境の提供を行うために、働き方改革およびダイバーシティ&インクルージョンの取り組みに力を入れています。

しかしながら、国内の労働環境においては、少子高齢化が進み労働人口が不足している一方で、採用市場では一度離職した人のキャリアの再スタートには、大きなハードルがあるのが現実です。

こうした状況を背景に、両社で連携し、様々なキャリアステージにある人々が、多様な経験や能力を最大限生かし、スムーズにキャリアを再スタートできるように支援するプログラムを開始し、2019年6月15日に「リターンシップ説明会」を実施します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本マイクロソフトと GE ヘルスケア・ジャパン、キャリアの再スタート支援プログラムにおいて連携
https://news.microsoft.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top