BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

エッジAIスタートアップのエイシング、新しいAIアルゴリズム「DBT-HQ」リリース

自動運転車や産業機械導入に適したAI

株式会社エイシングは、2019年5月31日、AIアルゴリズム『DBT-HQ(High Quality)』をリリースしました。

同社は、独自のAIアルゴリズム『DBT(ディープ・バイナリー・ツリー)』を提供しているエッジAIスタートアップ企業。『DBT-HQ』は、高精度な学習と予測を実現するものであり、自動運転車や産業機械導入に適したAIアルゴリズムになっています。

「自律学習型」でありながらも高精度

近年、エッジAIへの注目やニーズが急速な高まりを見せるようになりました。エッジAIとは、エッジ側すなわち利用者の近くにある機器において、AIの情報処理を行うことを指します。エイシングが提供しているAIアルゴリズム『DBT』も、導入機器がクラウドなしで自律的に学習できるようにする「自律学習型」です。

『DBT』においてエイシングは、高速処理を得意とする『DBT-HS(High Speed)』を既に提供しています。しかし『DBT-HS』は、学習・予測処理が高速ですが、精度においてはクラウド型に劣るという課題を抱えていました。そこで同社は、「自律学習型」でありながらも高精度の自律学習・予測が可能なアルゴリズムを開発。今回の『DBT-HQ』リリースに至りました。

モビリティ業界や製造業界への実装化を推進

エイシングが実施したデータ検証では、手書き英字の特徴量からアルファベットを特定する検証において、『DBT-HQ』は90.6%の正解率をマーク。63.0%の『DBT-HS』を大きく凌ぎ、よりクラウド型に近い予測精度を実現しています。

『DBT-HQ』について同社は、エッジ側でのリアルタイムかつ高精度の予測が必要とされる自動運転車や産業機械への導入に適していると判断。モビリティ業界や製造業界への実装化を推進するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

予測精度が従来比最大約50%向上のAIアルゴリズム「DBT-HQ」をリリース – 株式会社エイシング
https://aising.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top