BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

膨大な文書をAIが理解し、回答。「MatchContactSolution」最新版発売

ピンポイントで回答を導くマニュアル検索

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下「NTT-AT」)は、2019年5月16日、コンタクトセンターソリューション『MatchContactSolution』最新版の販売を開始しました。

『MatchContactSolution』は、NTTグループのAI技術『corevo』を活用したソリューション。発売された最新版では、膨大な文書からAIエンジンがピンポイントで回答を導くマニュアル検索機能などが、実装されています。

FAQ活用のニーズが向上

『MatchContactSolution』は、NTT研究所の言語処理技術をコンタクトセンター市場で活用する製品として、2000年に開発されました。メールのFAQ自動引き当てや蓄積データからの傾向分析などを実装しており、現在は多くの企業・自治体で利用されています。

近年のコンタクトセンター市場では、「働き方改革」の潮流もあって、応対体制の安定(離職率の低減)が目指されるようになりました。この動きにより、FAQ活用による関連業務の効率的な運用ニーズは向上。現状ではFAQの活用が進んでいないコンタクトセンター市場で、こうしたニーズに対応すべく、『MatchContactSolution』のバージョンアップは行われました。

言い回し吸収検索機能も搭載

『MatchContactSolution』最新版で実装されたマニュアル検索では、AIが深層学習によって膨大な文書の隅々までを理解。利用者の質問に対して、適切な回答範囲を提示することが可能になりました。FAQの定期的なメンテナンスやヒット率向上を、実現しています。

『MatchContactSolution』最新版ではまた、言い回し吸収検索機能を搭載し、FAQ管理機能も拡充。NTT-ATは、大量の文書やマニュアルを保有する業務を扱う企業に向けて、販売を行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

コンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution」最新版をリリース – NTTアドバンステクノロジ株式会社
https://www.ntt-at.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top