BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

PALTEK、データ活用基盤「KeepData Hub」のソリューションサービスを提供開始

IoTゲートウェイなどの製品と連動したソリューション

株式会社PALTEKは、2019年4月8日、Keepdata株式会社のデータ活用基盤『KeepData Hub』のクラウドソリューションサービスを提供開始すると発表しました。

PALTEKは、ロバステル社のIoTゲートウェイを提供している企業です。『KeepData Hub』サービスの提供開始にあたり同社は、Keepdataと代理店契約を締結。IoTゲートウェイなどの製品と連動したソリューションを提供するとしています。

データ収集から可視化までを素早く実現

IoT関連技術の進化を背景として、昨今の企業は様々なデータを多数収集することが可能となっています。同時に、収集した膨大なデータの利活用は、ビジネスにおける非常に重要な課題として認識されるようになりました。

こうした状況においてKeepdataは、純国産オールインワンデータ活用ソリューションとして『KeepData Hub』を展開しています。『KeepData Hub』は、企業内外に存在するデータの蓄積・集計・解析・可視化を、ワンストップで提供。従来型のデータ活用ソリューションでは必須とされたデータベースや分析の知識が不要であり、データ収集から可視化までを簡潔かつ素早く実現できるデータ活用基盤となっています。

トータルな形でのソリューション提供を促進

『KeepData Hub』のクラウドソリューションサービスにおいてPALTEKは、ロバステル社のIoTゲートウェイなどと連動させることで、ソフトとハードが一体化したサービス提供を企図。センサからのデータ収集から可視化、そして分析まで、トータルな形でのソリューション提供を促進するとしています。

PALTEKは今後も、ソリューションの組み合わせによってクライアントの課題を解決すると共に、社会への貢献にも努めるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

データ活用基盤「KeepData Hub」の提供を開始 – 株式会社PALTEK
https://ssl4.eir-parts.net/doc/7587/tdnet/1690385/00.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top