BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIを、より簡単に。クラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」ベータ版、リリース

AI人材不足の問題を解消し、さらなるAI活用を促進

株式会社MatrixFlowは、2019年4月10日、クラウド型AI構築プラットフォーム『MatrixFlow』のベータ版をリリースしました。

『MatrixFlow』は、簡単なマウス操作だけで実用的なAIを構築できるという、プログラミング不要のプラットフォーム。AI人材不足の問題を解消し、さらなるAI活用を促進すると、同社は自負しています。

多くの知識や知見が必要とされるAI人材

昨今の日本では、AIを活用できる人材が様々な領域で求められています。その動きは、業種を超えて激しさを増しており、政府もAI人材を年間数十万人単位で増加させる戦略を発表。AI人材育成は、今や国を挙げての急務とさえ認識されるようになりました。

しかしその一方で、AI人材には多くの知識や知見が必要とされています。その範囲は、数学・統計学の知識やプログラミングの知識、また構築したAIを実用化する業界や事業についての知識など、広範におよぶものです。このような高度なノウハウを有する人材は希少であるため、人材不足の解決は困難となっていました。

AI技術へのアクセシビリティを向上

『MatrixFlow』は、こうした状況へ対応すべく開発されています。同サービスは、AI構築に必須とされてきた統計学やプログラミングなどの知識が不要であり、簡単なマウス操作で本格的なAIの構築・活用を実現。AI技術へのアクセシビリティを向上させることで、企業や個人におけるAI活用を支援するとしています。

同社Hあ今後、様々なニーズに対応するべく『MatrixFlow』ライトプランの開発を予定。また、製品版へ向けて機能の充実も図るとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

MatrixFlow – 株式会社MatrixFlow
https://www.products.matrixflow.net/

プログラミング不要のAI構築プラットフォーム「MatrixFlow」リリース – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top