BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【こんにちは】サンシャインシティにご案内ロボット「Sota」がやってきた!

4月8日から試験導入中

東京池袋のサンシャインシティでは、来館者に道案内をするロボットの実証実験がおこなわれています。

ロボットの名称は「Sota」です。実証実験は4月8日から26日までの期間でおこなわれる予定で、期間中はサンシャインシティ専門店街アルパB1の広小路案内所を拠点に道案内の業務をおこなっています。

インバウンドも想定した多言語対応

この企画はサンシャインシティを舞台に三菱地所株式会社と株式会社サイバーエージェントが共同で、案内所の待ち時間はもちろん、インバウンドを含む来訪者へのより良いサービス展開を目的としておこなわれているものです。

設置されているコミュニケーションロボット「Sota」は2台で、うち1台は3カ国語(日本語・英語・中国語)での対応が可能となっています。

ロボット同士が役割分担

2台の「Sota」は、それぞれ「声掛け」と「案内」の役割を分担しており、案内担当は来訪者に声掛けをし、案内担当は館内マップなどを活用して実際の道案内をおこないます。

これらはいずれも一方的なものではなく、近づいてきた来訪者に反応して発話したり、タッチパネルを用いたりするなど、利用者との双方向のコミュニケーションが想定されています。ぜひ一度訪問して試してみたいものです。

多くの業界、現場で導入されつつあるロボットの活用については、顧客の利便性の向上や従来業務の省力化にばかり目が向きがちですが、同時にロボットと人間とのコミュニケーションがどのように検討されているのか、という点に注目してみると面白いかもしれません。

・「Sota」はヴイストン株式会社の登録商標です。

(画像は株式会社サンシャインシティ プレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社サンシャインシティ ニュースリリース
https://co.sunshinecity.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top