BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIコンサルティングのRidge-i、総額7.5億円におよぶ第3者割当増資を実施

荏原製作所やリコーが引受先

株式会社Ridge-iは、2019年4月4日、総額7.5億円におよぶ第3者割当増資を実施したと発表しました。

Ridge-iは、AI・ディープラーニング技術のコンサルティングと開発を手がけています。今回の増資は、株式会社INCJ・株式会社荏原製作所・株式会社リコーなどを引受先とするものです。

AI先端技術を活用し、クライアントの最高地点を目指す

Ridge-iは、ディープラーニングや機械学習技術を中心とするAI先端技術を活用し、クライアントのビジネスにおける最高地点を共に目指すことを、ミッションとする企業です。

同社は、「最高峰のAI技術とクライアントの要望がぶつかる地点」こそ目指すところであると宣言。「二つの地が双方からぶつかりあって隆起したところ」を意味する「Ridge」を、社名としています。

同社はこれまで、ごみ識別AIを搭載した自動クレーンシステムを荏原環境プラント株式会社と共同開発。また、株式会社NHKアートと共同開発した白黒画像カラー化AIについても、放送実績を持ちます。受託開発以外の領域でも、先端技術によるビジネスや産業構造の変革に資する活動に注力。宇宙関連事業において、衛星データ解析へのディープラーニング技術の可能性も提言しています。

事業展開を加速させ、役立つ技術ソリューションを提供

今回実施した増資によりRidge-iは、「事業の強化とソリューション提供の加速化」「研究開発対象と環境の拡充」「優秀な人材の活用」という3領域を中心とする投資の実施を企図。事業展開を加速させることで、より多くのクライアントおよび社会に役立つ技術ソリューションを提供するとしています。

(画像はRidge-iの公式ホームページより)

▼外部リンク

製造業へ更なるAIソリューションを展開 Ridge-iが総額7.5億円の 第3者割当増資を実施 – 株式会社Ridge-i
https://ridge-i.com/news/pressrelease_190404

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top