BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【市場調査支援の強力武器】チャットボットのログからユーザーの行動を可視化

チャットボットを用いた調査支援

大日本印刷株式会社と子会社の株式会社DNPコミュニケーションデザイン(以下、大日本印刷ら)は3月8日、企業のLINE公式アカウントを活用した新たなマーケティング支援サービスを開始したと発表しました。

このサービスは、大日本印刷らが従来提供しているサービス「DNP Chatbotプラットフォーム」の付加機能で、企業がLINE公式アカウントに設置するチャットボットを通じてユーザーから寄せられたコメントや閲覧履歴などの複数のデータを統計解析して、LINE上のユーザーの行動を可視化するものということです。

BIは企業生き残りのカギ

「顧客の購買履歴から、有効な販売施策の立案と実行につなげたい・・・けれどまず、具体的に何が、どうやってわかるのか」など、近年多くの企業が、自社内外に日々蓄積されていくさまざまな情報やデータをどのように有効活用するかということに頭を悩ませています。

このことは、いわゆるBI(ビジネスインテリジェンス)、つまり「企業内に蓄積される多様なデータを統合・分析し、ビジネス上の意思決定に活用すること」が今日求められている、ということを意味するものでしょう。

今回の大日本印刷らによる新サービスの開始は、まさにBI解析、すなわち「LINEのチャットボットにおける対話記録という膨大なデータの塊から、ユーザーの行動や顕在・潜在的ニーズの把握」を用いて素早いマーケティング試作につなげる、という、先の悩みをもつ企業にとって心強い武器の登場と考えられます。

ロクシタンが先行利用

なお、このサービス(追加機能)は、外資系自然派化粧品ブランド、ロクシタンジャポン株式会社(ロクシタン)で先行導入されており、大日本印刷らと共同で効果検証を行い、その結果や意見等がふまえられているものとのことです。

この他、詳細な情報が大日本印刷のサイトに掲載されています。

(画像は大日本印刷公式サイトより)

▼外部リンク

大日本印刷公式サイト「ニュース」
https://www.dnp.co.jp/news/

大日本印刷公式サイト
https://www.dnp.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top