BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

e-Residency/EU市場を目指す企業をサポートし電子政府化を目指す!

blockhive OÜが新会社を設立

エストニアに拠点を置くブロックチェーン企業・blockhive OÜは、新たにSetGo Estonia OÜ(SetGo)を設立。日本語にも対応し、企業のリモート経営やバックオフィス業務をサポートします。

法人設立から会計・税務をサポート

同社は、エストニア世界初の電子国民プログラム「e-Residency」をリリースし、システムを世界に解放しています。世界6,000社、日本も200社が設立されています。

新しく設立されたSetGoは、エストニアの法制度や税制、改正制度の理解・認知を行い、日本語を含めた多言語でe-Residencyの積極的な利用を促し、EU市場でのビジネス展開をサポートするものです。

具体的にはエストニア法人登記、リーガルアドレス・コンタクトパーソンの提供、銀行口座の開設など、事業設立に必要なプロセスを支援します。またマーケットプレイスを通して会計、税務、法務業務の提供を行います。

エストニアのシステムでシームレスな運営を

特に日本企業に対して、政府と民間企業が密接に連携しているエストニアの電子政府基盤・X-Road上でのサンドボックステストを実施。戦略・技術・バックオフィス業務など多方面で支援するとしています。

また日本の電子政府化を念頭に、e-Residencyコミュニティを組成・運用し、電子国民同士のコミュニケーションを活性化させ、シームレスなグローバル経営をサポートするとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

blockhive OÜのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000003.000037505.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top