BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【統計】平成30年11月の東京都の家計収支概況

東京都の家計収支調査

東京都は1月31日、「都民のくらしむき」東京都生計分析調査報告(月報)の平成30年11月ぶんを公表しました。

調査の概要

東京都生計分析調査は、都内の世帯(単身者等の一部世帯を除く)を対象に家計の収支が集計されているもので、都民の暮らし向きの実態を把握するため、また都の行政施策立案・実施の基礎資料を用意するために行われているものです。

調査は収入階層、生計支出階層、世帯類型、世帯人員別など、世帯の属性をもとに集計されています。

調査結果の概要

東京都が公表した調査結果によると、平成30年11月の都内調査対象全世帯(2人以上の世帯)の消費支出は1世帯あたり314,301円で、前年の同月と比べ4.1%の増加であったということです。

またこのうち勤労者世帯については、1世帯あたりの実収入は505,964円で前年同月比実質0.9%の増加、消費支出は333,899円で前年同月比6.1%の増加であったことが報告されています。

消費支出の構成は

また、全世帯の消費支出を支出先の構成比で見ると、食料(26.4%)、住居(7.9%)、光熱・水道(5.6%)、家具・家事用品(3.4%)、被服及び履物(5.1%)、保健医療(5.6%)、交通・通信(11.0%)、教育(5.3%)、教養娯楽(10.7%)、その他(19.0%)となっています。

この他、報告の詳細が、「東京都の統計」公式サイトに報告されています。

(画像は「東京都の統計」公式サイトより)

▼外部リンク

「都民のくらしむき」東京都生計分析調査報告(月報) 平成30年11月
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/seikei/

「東京都の統計」公式サイト
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/index.htm

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top