2022.06.15  開催

これまでのデータ利活用は、会計・販売・生産といった社内データが中心でした。

しかし、未来の予測が難しい時代において、社内データの活用だけでは不十分と考える企業も増えており、気象・人口・市場データなどのオープンデータの活用が注目を浴びております。

オープンデータの活用を進めることで、今までとは違った切り口での分析によって潜在顧客の発掘につながるなど、企業の競争優位性を生み出すことも可能です。

本セミナーでは、国内外のオープンデータの市場背景とデータ提供サービス「CO-ODE」の提供データである気象や人口などのデータと社内データを掛け合わせた活用例をご紹介いたします。