データ分析基盤「Dr.Sum Cloud」と「Fujitsu 流通EDIサービス TradeFront/6G」が連携

電子帳簿保存法に対応した新サービスを富士通Japanが提供開始

(画像はイメージです)

 

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤)は、富士通Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:砂田 敬之、以下富士通Japan)が提供するEDIサービス「Fujitsu 流通EDIサービス TradeFront/6G」と、JIIMA認証を受けたデータ分析基盤「Dr.Sum Cloud」(※1)が連携したことをお知らせします。本連携に伴い、富士通Japanが、電子取引データを自動保存し、保存したデータの検索・参照・ダウンロードの機能を提供する、電子帳簿保存法に対応した「Fujitsu EDIデータ保存・検索サービス」(以下EDIデータ保存・検索サービス)を1月10日(火)より提供開始します。

「Dr.Sum Cloud」が連携することで、サービスの利用者は電子取引データを「取引年月日」、「取引先名」、「取引金額」など電子帳簿保存法の検索要件の項目など、あらかじめ設定した項目(最大16項目)での検索・参照が可能です。またBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」Entry Editionにより、これらの情報をレポート形式で集計・分析することができます。

 

 

 

背景

企業の商取引で利用されるEDIは、2022年1月施行の改正電子帳簿保存法やインボイス制度に向けた対策として、定められた要件に応じた電子取引データの保存や検索性が求められています。また、2024年1月のNTT東西によるINSネット(ディジタル通信モード)の提供終了に伴う通信インフラの変更により、既存のレガシーEDIから流通BMS(※2)などインターネットEDIへの切替えが進められています。これらの環境の変化やIT人材の不足により、EDIシステムは、自社システムでの運用ではなく柔軟に対応できるサービス型の利用が増加しています。

 

■EDIデータ保存・検索サービスについて
・流通、製造を中心にEDIサービスを展開する富士通JapanのEDIサービスと連携して電子取引データを自動保存し、保存したデータの検索・参照・ダウンロードの機能を提供する、2022年1月改正の電子帳簿保存法に対応したサービスです。
・2023年1月の段階では、小売業、卸売業、製造業など約5万社以上が利用し、流通業向けEDIサービスでトップシェアの「Fujitsu 流通EDIサービス TradeFront/6G」の電子取引データと連携し、保存します。今後、富士通Japanの他のEDIサービスとも順次連携していきます。
・真実性の要件(改ざん防止)、可視性の要件(検索機能)などの保存要件を満たし、あらかじめ設定した検索・参照項目(取引年月日、取引先名、取引金額など)によるデータの検索機能および、ダウンロードの機能を提供します。

「EDIデータ保存・検索サービス」
https://www.fujitsu.com/jp/group/fjj/solutions/industry/distribution/edi-search-storage/



注1:Dr.Sumは公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の定める「電子帳簿ソフト法的要件認証」「電子書類ソフト法的要件認証」「電子取引ソフト法的要件認証」を取得しています。
注2:インターネット対応の流通EDI標準「流通ビジネスメッセージ標準(流通Business Message Standards)」

 

 

■「Dr.Sum」について
あらゆるデータを収集し、リアルタイムで処理、高速集計し、加工が可能なデータベースエンジンを核としたデータ分析基盤です。業種を問わず 6,900 社以上(2022年2月末)のお客様にご利用いただいています。
https://www.wingarc.com/product/dr_sum/

■「MotionBoard」について
データを集約しリアルタイムで可視化することで、スムーズな意思決定につなげるBIダッシュボード。地図機能や3Dマップなど多種多様なビジュアライズもノンプログラミングで設定できます。業種を問わず2,800 社以上(2022年2月末)のお客様にご利用いただいています。
https://www.wingarc.com/product/motionboard/

■ウイングアーク1st株式会社について
ウイングアーク1stは、企業の基幹業務を支える帳票・文書管理ソリューションと、BIダッシュボード「MotionBoard」、データ分析基盤「Dr.Sum」等、データにより新たな価値をもたらすデータエンパワーメントソリューションの2つのソリューションを提供し、両領域で国内トップシェア(※)を保持しています。また、当社は「日経コンピュータ顧客満足度調査2022-2023」のデータ分析・利活用支援ソフト/サービス部門において顧客満足度1位を獲得しています。

※出典:株式会社デロイトトーマツミック経済研究所「帳票設計・運用製品の競合調査2020年度版」 (帳票運用製品)/ITR「 DBMS/BI市場 2021」データ分析/レポーティング市場:ベンター別売上金額推移


<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300 お問合せフォーム:https://www.wingarc.com/contact/

▼ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアーク1stの最新情報をお届けしています。
・ウイングアーク1st公式Facebook
http://www.facebook.com/wingarc
・ウイングアーク1st公式Twitter
https://twitter.com/WingArc

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。