catch-img

ジールがAmazon Redshift SDP認定を取得 -AWSサービスについての豊富な知識・技術があるパートナーとして評価-

アバントグループで、国内唯一のビジネスインテリジェンス/データウェアハウス専業ソリューションベンダーである株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘、以下:ジール)は、2021年10月25日、アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)のAmazon Redshiftにおいてサービスデリバリープログラム(以下:SDP)を取得したことを発表しました。

株式会社ジールは、Microsoft Azure ベースのデータ & アナリティクス ソリューションにて高い実績を上げたパートナーとして評価されました。

1.AWSのサービスデリバリープログラム(SDP)

AWS のサービスを深く理解し、これらのサービスをお客様に提供することについての成功実績を有している AWS パートナーを認定するプログラムです。認定されると、AWSパートナーとしての技術的な能力を有している事の証明となります。https://aws.amazon.com/jp/partners/programs/service-delivery/


2.ジールが提供するサービスについて

ジールは、BI・ETLといったデータウェアハウス周辺環境の構築にも十分な知見を持っている事で、 Amazon Redshiftを使った分析プラットフォームを最大限に生かした支援サービスをご提供致します。

データウェアハウスを利用しているなかで、以下のような課題をお持ちのお客様に対して、Amazon Redshiftを使った場合の活用、PoC支援、導入、運用、移行などを支援致します。

  • オンプレミス環境でのデータ容量や運用面で課題を抱えているため、クラウドへ移行をしたい
  • 既存で利用しているデータウェアハウス環境のデータが膨大になり過ぎており、今後の拡張性が困難になっている
  • ビッグデータに対応した新しいデータ分析プラットフォームを検討しているが、どこから手を付けてよいか分からない


3.コメント

株式会社ジール 代表取締役社長 岡部 貴弘氏

「このたびジールが、AWS様が提供するAmazon RedshiftにおいてSDPを取得したことを大変嬉しく思っております。弊社が長年培ってきたデータ活用の知見と先進的なサービスを通して、コンサルティングおよびデータプラットフォームの構築支援に寄与できることを確信しています。今後もジールは、今まで蓄積してきた分析環境構築のノウハウを活かし、AWS様と共にお客様のデジタル・トランスフォーメーション推進に貢献してまいります。」


<本件リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社ジール 広報担当/佐藤
TEL:03-5422-8477



株式会社ジールに関して

株式会社ジールは、BI分野における30年以上の経験に基づいた知見に加え、最新のビッグデータ技術を駆使した先進的なサービスをご提供しています。これからBIに取り組むお客様から、既存の分析から高度な分析へシフトされるお客様まで、「情報活用力」向上の実現をしっかりと支援します。2018年3月に東証一部に上場した株式会社アバントの100%子会社です。

社 名     :株式会社ジール
設 立     :2012年7月
代表者    :代表取締役社長 岡部 貴弘
主要業務  :ビジネスソリューションパッケージの開発・ライセンス販売・コンサルティングサービス・サポートサービスなど
本社所在地:東京都品川区上大崎2丁目13番17号 目黒東急ビル6階
URL      : https://www.zdh.co.jp/


アバントグループに関して

株式会社アバント(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川 徹治、証券コード:3836)を持株会社として展開するアバントグループは、「経営情報の大衆化」をミッションに掲げ、主にCFOやCIO組織を対象として、連結会計関連事業、ビジネスインテリジェンス事業およびCFO業務のアウトソーシング事業を展開し、経営情報を意志決定に役立つ「未来の地図に変えていく」ことを通じてお客様の価値創造に貢献しています。1997年5月に株式会社ディーバとして創業し、2007年2月の株式公開を経て、2013年10月に持株会社へ移行した際に、株式会社アバントに商号を変更。東証一部には2018年3月に上場しています。主要なグループ事業子会社(いずれも100%所有)は以下の通りです。

<アバントグループ>
○株式会社ディーバ
○株式会社ジール
○株式会社インターネットディスクロージャー
○株式会社フィエルテ

※アマゾン ウェブ サービスおよび、AWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。その他記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▼外部リンク
https://www.zdh.co.jp/topics/20211025/

Ranking
人気ランキング

スシロー流

ご紹介と導入事例


大量のID-POSデータを利用する為には、高速なデータ処理が出来るデータウェアハウスと大量な明細データから簡単に分析できるツールが必要です。これらの要望に応える機能を有しているSnowflakeとThoughtSpotをご紹介します。


トップ対談