catch-img

AI/アナリティクスのための新しいデータ管理ソリューション発表 / SAS

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、2021年5月3日、AI/アナリティクスによる医療情報を統合管理することで健康・福祉の質を向上する新しいデータ管理ソリューションを発表しました。

新しいソリューションについて

アナリティクスのプロフェッショナルの大半は、自社のためのモデル構築や分析インサイトの提供ではなく、データの準備に極めて多くの時間を費やしています。データが単純であろうと複雑であろうと、組織に必要なものは、混乱状態に手早く対処し、柔軟性を高め、効率的にデータを変換して優れた分析資産を創出できる革新的なソリューションなのです。SASは、以下の二つの革新的なソリューションを発表しました。

  • SAS Studio Analyst
  • SAS Information Governance

SAS Studio Analystについて

日常業務へのアナリティクス/AIの組み込みが進むにつれて、組織は適切な場所で、適切なタイミングで、適切な状態のデータが必要になります。SAS Viyaで利用可能になるSAS Studio Analystは、データ・サイエンティストやデータ・アナリストに、信頼できるデータを速やかにアナリティクスに適用するためのセルフサービス環境を提供します。ユーザーは、SAS Studio Analystによって、データの品質を高めて分析用のデータを準備するステップを、フローの一部として視覚的に構築、カスタム化できるようになり、成果物は再利用と管理が可能です。これにより、アナリティクスのイニシアティブを活性化し、必要なデータを効率的に調整できるようになります。

SAS Information Governance

データソースが無限に存在する世界において、多くの組織は利用可能なすべてのデータを把握し、データセットのコンテンツを見極め、データのアナリティクスへの適応性を評価しようと苦心しています。増え続けるソースから得られるデータ量が増加するにつれて、こうした課題は複雑化し、アナリティクスのアウトプットの価値にも影響を及ぼします。同じくSAS Viyaで利用可能となるSAS Information Governanceは、アナリスト、ビジネス・ユーザー、ITユーザーがデータを制御および保護しつつ、データ・リソースを取得、検出、管理できるよう、直感的なデータ・カタログ/メタデータ検索機能を提供します。データ・プロフェッショナルはこのソリューションによって、データの検索や体系化に要する時間を減らし、実際の分析に投じる時間を増大できます。

データ管理とガバナンスの改善

米国南カリフォルニアのリバーサイド郡は、250万を超える住民の健康と福祉を向上させるために、SASのデータ統合とアナリティクスを活用しています。同郡は、複数のソースから得られる膨大な量のデータをまとめるという課題に直面していました。同郡の目標は、大規模な医療センター、精神科の入院施設、複数の医療クリニックを含む郡の医療システムを通じて、数多くの多様な住民のニーズに、効果的に対応することにあります。

リバーサイド郡はSASと協力し、社会的に最も弱い立場の住民が組織的な医療サービスやメンタルヘルス・サービス、社会経済サービスを確実に受けられるよう、データ準備、高度なアナリティクス、およびデータ可視化機能を兼ね備えたソリューションを設計しました。SAS Viyaによって実現するこのソリューションは、同郡が公立病院、郡刑務所、メンタルヘルス/社会的サービス/ホームレス・システムの医療データと非医療データを統合できるようにします。

リバーサイド郡はこうしたデータベースを接続することで、個々人が医療システム全体にわたるさまざまなサービスとどのように関わっているのかを把握し、医療アウトカムに向けて治療の経路を計画できます。これはエンティティ解決(Entity Resolution)という機能によって強化されており、個人の氏名や住所などの個人情報が複数のデータベースにわたって一致しない場合でも、固有のエンティティを識別できるようになっています。

リバーサイド郡の公衆衛生担当ディレクター/ジュディ・ナイチンゲール氏 コメント

私たちはSASの導入前は、データ統合に関する深刻な問題を抱えていました。すべての住民を統合的に把握し、連携の取れていない取り組みを減らせるようになれば、郡内のすべての住民を、より迅速に健康と福祉の目標へと導くことができます。

カリフォルニア州の社会的弱者の健康と福祉を向上させるために、リバーサイド郡がSAS Viyaをどのように活用しているかについての詳細は、以下のサイトをご覧ください。
https://www.sas.com/en_us/customers/riverside-county.html

SASのAI・アナリティクス担当シニア・マーケティング・マネージャー/
タパン・パテル氏 コメント

アナリティクスは、組織がビッグデータを活用して新たな機会を特定するために役立ちます。効果的なアナリティクスの第一歩は、新しい手法を適用してデータを検出、準備、管理することです。企業は新しいSAS Viyaデータ管理ソリューションによって、クラウドとオンプレミス全体で、資産をカタログ化し、手間をかけずにデータを準備できるようになります。これらは、アナリティクスを成功させるために欠かせない要素です。

SAS Viyaの最新リリースには、新しいデータ管理ソリューションであるSAS Studio

AnalystとSAS Information Governanceが含まれており、継続的なデリバリと更新に対応する設計になっています。顧客はこのクラウド・ネイティブなソフトウェアにより、組織全体にわたってアナリティクスを効率的に民主化させつつ、アナリティクスの負荷をシームレスに管理し、確かな意思決定に向けてさまざまな運用アプリケーションにアナリティクスを組み込むことができます。

SAS Institute Inc.について

SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においては最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の45,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名

社 名    :SAS Institute Japan株式会社
代表者  :Andy Zook
URL     :http://www.sas.com/
本社所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 11階

▼外部リンク
https://www.sas.com/ja_jp/news/press-releases/2021/may/2021-05-13-new-sas-viya-offerings-help-better-manage-and-navigate-big-data.html

Ranking
人気ランキング

スシロー流

ご紹介と導入事例


大量のID-POSデータを利用する為には、高速なデータ処理が出来るデータウェアハウスと大量な明細データから簡単に分析できるツールが必要です。これらの要望に応える機能を有しているSnowflakeとThoughtSpotをご紹介します。


トップ対談