BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

Salesforceユーザーのデータ活用を促進する「MotionBoard Cloud for Salesforce」にExcel インターフェイス機能を新たに実装

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:田中 潤)は、Salesforce上のデータの可視化を促進するBIダッシュボード「MotionBoard Cloud for Salesforce」に、新たな機能としてExcel インターフェイスを4月21日(水)より提供開始しました。1テナントあたりの月額利用料金は50,000円です(※1)。

(※1)別途MotionBoard Cloud for Salesforceのご契約が必要です。

「MotionBoard Cloud for Salesforce」について

「MotionBoard Cloud for Salesforce」は、多彩な表現でSalesforceのデータを集計・可視化するBIダッシュボードです。Salesforce以外のデータソースとも連携できるため、社内のあらゆるデータを集約できます。集約したデータはSalesforceの機能の一部のように同一アプリケーション内にダッシュボードを組み込むことでスムーズなデータ分析を業務に取り入れることができます。

「MotionBoard Cloud for Salesforce Excelインターフェイス」について

「MotionBoard Cloud for Salesforce Excelインターフェイス」を利用することで、Excelが各データソースと直接連携するため、Salesforceのデータをはじめ「MotionBoard Cloud」に接続されたデータソースに対して、使い慣れたExcelから自由に集計・分析・データ更新することが可能です。これにより営業担当者やマネージャーは、毎回手動で対応していたExcelへのデータのコピーや加工などの作業負荷が軽減されるとともに、オートフィルタ機能などExcel機能を活用することで入力作業の効率化を図ることができます。また、予算やマスタデータなどをダッシュボードに取り込んだ後に修正が発生した場合でも、Excelからタイムリーにデータソースを更新でき、データを基にしたスピーディーな意思決定が可能になります。

MotionBoardについて

複数のデータソースを集約し、リアルタイムで可視化することで、スムーズな意思決定につなげるBIダッシュボード。地図機能や3Dマップなど多種多様なビジュアライズもノンプログラミングで設定できます。業種を問わず2,000社以上のお客様にご利用いただき、「日経コンピュータ2020年9月3日号 顧客満足度調査 2020-2021データ分析・利活用支援ソフト/サービス 部門1位」を獲得しました。
https://www.wingarc.com/product/motionboard/cloud/

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1stは、業務処理における全ての帳票の効率的な運用を支援する帳票・文書管理ソリューションと、成長のための業務改革をデータ活用によって推進するデータエンパワーメントソリューションを提供しています。

社 名     :ウイングアーク1st株式会社
代表者   :代表取締役社長兼CEO田中 潤
URL      :https://www.wingarc.com/
主要業務 :帳票事業、データエンパワーメント事業、第三者データ提供サービス等
本社所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー

▼外部リンク
https://www.wingarc.com/public/202104/news1399.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top