BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

新たにEntryライセンスをリリースでラインナップ強化 クラウド版のデータ基盤ソリューション「Dr.Sum Cloud」

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:田中 潤)は、2021年4月14日、クラウド版のデータ基盤ソリューション「Dr.Sum Cloud」の既存3ライセンス(Small/Medium/Large)に加え、新たにEntryライセンスを5月13日(木)より提供開始することを発表しました。価格は月額15万円(税別)です。

このリリースにより、中堅企業のスモールスタートや、部門単位の導入などに適したライセンスの新設など、幅広いユーザーニーズにお応えします。

「Dr.Sum Cloud」について

企業内に蓄積された様々なデータの高速集計エンジンとして多くのユーザーに利用されている「Dr.Sum」のクラウド版で、データを可視化するインターフェースとしてBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」と連携することで、クラウド環境での高速集計・分析業務を実現するソリューションです。今回新たにリリースする「Dr.Sum Cloud」のEntryライセンスは、中堅企業を主なターゲットとし、将来拡張運用を想定しているスモールスタートや、スピーディーかつ簡易的に部門単位で導入したい場合に、導入しやすいスペックと価格体系で提供します。

また、「Dr.Sum Cloud」と社内の様々なデータソースの統合やデータ更新の自動化を実現する「Dr.Sum Connect Cloud」も同日提供開始します。価格は月額10万円~(税別)で「Dr.Sum Connect Cloud」は、「Dr.Sum Connect」(ETLツール)のクラウド版で、企業内外に散在するさまざまなデータソースと連携し、データの事前加工や更新処理などの運用の自動化をはかります。モデルの拡張と柔軟な連携を実現することで、サービス利用企業のデータ集計・分析を高速化します。

「Dr.Sum Cloud」のサービス内容

  1. 「MotionBoard Cloud」の分析基盤として、クラウド上で高速集計環境の構築が可能
  2. ビュー設計やインポートタスクの設定、ユーザーの権限管理など、データ運用に関する機能が充実しており、分析環境の整備・管理に最適
  3. サーバー手配や環境構築、サーバー稼働管理から解放され、分析環境の開発に集中できる
  4. 「Dr.Sum Connect Cloud」と連携することで、さまざまなデータソースとの接続、データの統合・事前加工、それらの自動運用を実現

価格

「Dr.Sum Cloud」Entryライセンス:月額15万円(税別)、初期費用は50万円(税別)です。
「Dr.Sum Connect Cloud」:月額10万円~(税別)、初期費用は20万円(税別、Dr.Sum Cloudと同時契約の場合は無償)です。

Dr.Sum Cloud」サービスラインナップ

「Dr.Sum Cloud」の詳細については、以下をご覧ください。
https://www.wingarc.com/product/dr_sum/cloud/

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

ウイングアーク1st株式会社について

ウイングアーク1stは、業務処理における全ての帳票の効率的な運用を支援する帳票・文書管理ソリューションと、成長のための業務改革をデータ活用によって推進するデータエンパワーメントソリューションを提供しています。

社 名     :ウイングアーク1st株式会社
代表者   :代表取締役社長兼CEO田中 潤
URL      :https://www.wingarc.com/
主要業務 :帳票事業、データエンパワーメント事業、第三者データ提供サービス等
本社所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー

▼外部リンク
https://www.wingarc.com/public/202104/news1390.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top