BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

農業分野にデータを活用 「RightARM for WAGRI」 テラスマイル

農業のデータ活用・デジタル化に取り組んでいるテラスマイル株式会社(本社:宮崎県児湯郡新富町、研究開発拠点:静岡県浜松市)は、2021年2月4日、農業データのパイオニアとして、自社内で活用されているツール・機能の一部を、農業データ基盤 WAGRI上で公開し、会員向けに「センサーコンバータAPI」を無償で提供することを発表しました。

このサービスは、社内作業の効率化のために開発されたツールであり、普及によりデータ活用の促進(社会の課題解決)を目的としていることから、基本的にWAGRI会員へは無償で提供しています。現状、施設園芸・露地野菜・茶で広く活用されており、今年からは県市町村のプロジェクトの中で、果樹でも活用が開始されました。

「RightARM for WAGRI」概要

スマート農業の実装やデータ活用の現場で、業務効率を上げるために開発している農研機構 農業データ連携基盤 WAGRIの会員様向けツールです。
※WAGRIとは、農業ICTサービスを提供する⺠間企業の協調領域として構築。2019年4⽉から農研機構が運営主体として運⽤を開始した、農業データ連携基盤のことを指しています。

WAGRI センサーコンバータAPI

これまで、データ活用の現場では、農業経営者の方々からデータをお預かりし、勉強会を運営するにあたり、直面する課題が、メーカー間の仕様の壁になっていました。

<課題>

  1. ハウス内環境を数値で正確に把握するため、環境センサーを設置する生産者が多い。
  2. 多くのメーカーが環境センサーを販売しており、生産者によって使っているメーカーがバラバラ。
  3. 生産者Aさんと生産者Bさんのハウス内環境を比較したくても、メーカーにより項目名が異なるためデータ分析がしにくい。

これを解決するため、複数メーカーのセンサーデータを共通化させ、生産者グループ間で情報を共有し、反収向上や所得向上にセンサーデータを結合や加工、分析や知見の共有が可能になる社内ツールとして開発されました。

農業のデジタル化に向けた弊社推奨スケジュール

「農業・経営・IT」の切り口から、農業ITから始まりスマート農業へと続く10年間の現場経験から、農業経営へデジタル化を実装し、データを経営の意思決定に活用するためには3年から5年かかると見込んでいます。※クラウドサービスのみのご提供となりますので、受託での業務システム開発は行っておりません。

サービス料

※1.RightARM導入に伴うエンジニアリングサービスは、農業のデジタル基盤導入に際しての初期費用となり、導入後は年間保守・利用料のみが発生します。
※2.農業のデジタル化に取り組む行政・JA・産地・法人・生産者グループを優先いたします。基本的には、先方の謝金規程に合わせることとします。
補足:RightARMは既に、ファームレコーズ(株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント・株式会社ソフトビル)、アグリノート(ウォーターセル株式会社)、ゼロアグリ(株式会社ルートレック・ネットワークス社)、あぐりログ(株式会社IT工房Z)などとのデータ連携実績があります。

導入事例

九州で15箇所(1~10名)の産地部会・生産者グループ、デジタル化の実装を進める4カ所(40-300ha)の露地野菜 農業法人、1カ所2品目の集出荷設備で導入・運用が進んでいます。またJAグループとの事業推進を目指した指名型JAアクセラレータープログラム「Plant&Grow」や、協業によるビジネス創造活動を目指した 「JR東日本スタートアッププログラム」に参加しています。

テラスマイルについて

創業者がシステムインテグレータの新規事業を担当していた折、農業法人の立上げと黒字化に向け、経営管理と原因分析にITとビジネスフレームワークを活用し、収支改善を進めていたことがきっかけで7年前に創業し、農業分野にデータを活用するという活動に取り組んでいます。

社名:   テラスマイル株式会社
業種:   サービス業
所在地: 宮崎県児湯郡新富町富田2-20 新富アグリバレー
代表:   生駒祐一
URL:   https://www.terasuma.jp/

▼外部リンク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000055672.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top