BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI需要予測自動発注システムをライフ全店に導入 ライフコーポレーション✕日本ユニシス共同開発

地域に愛されるスーパーマーケットとして多店舗展開しているライフコーポレーション(以下、当社)は、2021年1月19日、日本ユニシスと共同開発したAI需要予測による自動発注システム「AI-Order Foresight」を導入し、2021年2月までにライフ全店舗で稼働を開始することを発表しました。

「AI-Order Foresight」により、対象商品の発注作業時間の5割超の削減を目指し、削減した時間を活用してお客様対応や売場メンテナンスの強化をはかり、お客様満足度の向上と従業員の働きやすい環境の構築を目標に掲げております。

AI需要予測自動発注システム「AI-Order Foresight」について

小売店舗に関する販売実績・気象情報・企画情報などの各種データを元に、商品発注数を自動算出します。作業負荷や難易度の高い発注業務を自動化することで、小売店舗の業務効率化を実現します。

処理技術には、日本ユニシスが保有する統計解析技術と AI 技術を活用しています。統計解析と AI を組み合わせ、高精度分析を短時間で実施し、従来の自動発注システムでは精度面で実現困難だった日配品・生鮮品などの自動発注化が可能になります。

背景

多品目の商品を取り扱う小売店舗の発注業務は、適切な数量を発注できなければ品切れや廃棄ロスを引き 起こすため、お客様満足度や売上・利益に直接影響を与える重要な業務です。毎日数千の商品を在庫チェックし発注する作業は負荷が大きく、業務自動化が期待されています。 また、新型コロナウイルス(COVID-19)による経済活動への影響で、小売店舗ではウイルス感染防止策を講じながら業務を継続しています。対応の一環として、従業員の作業負荷を軽減するための業務省力化の施策が求められています。

展開

牛乳等の販売期間が短く精度面で対応が困難だった日配品についても、AIによる需要予測を用いることで発注の自動化を可能にします。作業負荷・難易度の高い業務の自動化により、従業員の作業負担を軽減し、商品欠品・廃棄ロスの削減を実現します。

従来との比較

<従来型>
精度維持のため、人の手による日常的な予測モデルチューニングが必要でした。

<当システム>
AI自動チューニング機能により、メンテナンスフリーで自動発注の運用が可能となります。昨今の新型コロナウイルスの影響による激しい需要供給変動においても、商品欠品・廃棄ロスの悪化を防ぎ、適切な発注量の計算が実施できていることを確認しています。

今後の取り組み

日本ユニシスとライフコーポレーションは、経験とノウハウを活かし、業務自動化を推進できる店舗環境を構築し、従来業務に割り当ていた労働時間をより高度な店舗運営へ注力させることで、お客様満足度の向上や新たなサービス価値の創出、また従業員の働きやすい環境の構築を目指します。

会 社 名:株式会社ライフコーポレーション
代 表 者:代表取締役社長執行役員 岩崎 高治
設  立:1956年10月
本  社:東京本社(東京都台東区台東1-2-16)
事業内容:スーパーマーケットチェーン
U R L :http://www.lifecorp.jp/

会 社 名:日本ユニシス株式会社
代 表 者:代表取締役社長 平岡 昭良
設  立:1958年3月
本  社:東京都江東区豊洲1-1-1
事業内容:システムサービス・開発
U R L :https://www.unisys.co.jp/

▼外部リンク
https://www.unisys.co.jp/news/nr_210119_aiorderforesight.pdf
https://www.atpress.ne.jp/news/243947

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top