BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI搭載型案内ロボット「ロボコット」、大垣市役所の新庁舎にて本番稼働を開始

ぬいぐるみの可愛い外見を持ったAIロボット

タケロボ株式会社は、2020年1月24日、同社のAI搭載型案内ロボット『ロボコット』が、大垣市役所の新庁舎にて本番稼働を開始したと発表しました。

タケロボは、コミュニケーションロボットの開発・提供を手がける企業。『ロボコット』は、AIを活用した各種案内を行う、ぬいぐるみの可愛い外見を持ったロボットです。

1台は、『おがっきぃ』をイメージしたぬいぐるみを採用

タケロボの『ロボコット』は、2020年1月6日に開所した大垣市役所の新庁舎において、3台設置されます。設置に際しては、同市のマスコットキャラクター『おがっきぃ』をイメージしたぬいぐるみを1台に採用。この1台では、画面にも『おがっきぃ』のビジュアルが適用されます。

『ロボコット』が設置されるのは、同市役所の総合案内カウンターとサービス課カウンター、そして障がい福祉課カウンター。いずれのカウンターでも、窓口案内支援や各種案内の支援を担います。なお、『おがっきぃ』仕様となる1台は、総合案内カウンターに配置されるとのことです。

申請書の書き方説明や翻訳・筆談支援も担う

大垣市役所に設置された『ロボコット』は、来庁者に対しても各種案内を提供します。総合案内カウンターでは、担当課の場所案内や多言語対応などを実施。サービス課カウンターと障がい福祉課カウンターでは、申請書の書き方説明や翻訳・筆談支援も行います。

タケロボは今後、同市役所の『ロボコット』について運用支援とAIの追加学習を行うとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

タケロボ株式会社
http://www.takerobo.co.jp/

AIを搭載した案内ロボットが大垣市役所で本番稼働 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/203874

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top