BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ディノス、AIを活用したネット広告配信「Candy」のスリーアイズに出資

真に価値のある情報を届けるソリューションと評価

株式会社ディノス・セシール(以下「ディノス」)は、2020年1月17日、株式会社スリーアイズへの出資を発表しました。

ディノスは、通信販売事業を展開している企業。スリーアイズは、AIを活用したネット広告配信サービス『Candy』を提供している企業。ディノスは、『Candy』を真に価値のある情報を届けるソリューションとして評価し、今回の出資に至りました。

自然言語・一般知識・トレンドを理解するAIを活用

ディノスが展開する通信販売事業では近年、ECの割合が拡大しています。そのため同社は、様々なデジタルマーケティング施策に注力。この取り組みの中で、スリーアイズの『Candy』に着目しました。

『Candy』は、Web上の自然言語・一般知識・トレンドを理解するAIを活用することで、高精度なコンテンツマッチングを実現したネット広告配信サービスです。個人情報保護の動きが顕著な現況において、新たな情報レコメンド技術を確立・向上させるサービスとして注目を集めています。

『Candy』についてディノスは、既存顧客と共に新規顧客に対するアプローチとしても非常に有効であると評価。スリーアイズの資金調達に応じることを決定しました。

最先端の事業領域に対して、積極的な投資を検討

スリーアイズは創業以来、個人情報の利用に紐付く従来型のWebマーケティング市場とは一線を画してきた経緯を持ちます。こうした姿勢についても、ディノスは高く評価。また、技術力を広告事業へ落とし込み、ビジネスとしての成長性の高さを体現している点についても評価しています。

ディノスは今後も、同社事業と将来的に連携の可能性がある最先端の事業領域に対して、積極的な投資を検討するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

自然言語AI 搭載により高精度なネット広告配信事業を展開するスリーアイズに出資 – 株式会社ディノス・セシール
https://www.dinos-cecile.co.jp/2020/01/17132321.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top