BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ユーザーの所属・役職を識別。AIチャットボット「ASBOT」、機能を拡充

権限に合わせた最適な対応を行うことが可能に

アルプス システム インテグレーション株式会社(以下「ALSI」)は、2020年1月15日、同社のAIアシスタントチャットボットサービス『ASBOT』の機能を拡充したと発表しました。

『ASBOT』は、『Microsoft Teams』上で利用可能なチャットボットサービス。今回の機能拡充では、ユーザーの所属・役職を識別した上で、権限に合わせた最適な対応を行うことが可能になっています。

1問1答の正答率を利用する度に向上

ALSIの『ASBOT』は、組織の業務効率・生産性向上を実現するチャットボットサービスです。複数メンバーのスケジュールを確認・調整した上で会議を設定するなど、社内事務手続きなどを対話にて実現します。また、社内システム各種と連携することで、問い合わせられた時点での実データを参照した上での回答も可能です。

『ASBOT』はさらに、回答精度の向上を実現する聞き返し機能も搭載。自動学習機能・フィードバック機能も搭載されており、1問1答の正答率を利用する度に向上させることも可能です。

同じ問い合わせにも、所属や役職に応じて処理を変更

『ASBOT』は今回、『Microsoft Office 365』のアカウントからユーザーの情報を参照することで、ユーザーの所属・役職を識別することが可能になりました。同じ問い合わせを行っても、所属や役職に応じて処理を変更することができます。

AIアシスタントチャットボットの活用範囲を広げるこの新機能によりALSIは、企業・組織の業務改革を強固にサポートするとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『ASBOT』にユーザー識別機能を追加 – アルプス システム インテグレーション株式会社
https://www.alsi.co.jp/news/2020/01/001478.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top