BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

トレジャーデータら3社協業で、個人情報取得の同意管理プラットフォームを提供開始

2020年3月、法令に準拠した個人情報の同意取得が可能なサービスを提供開始

2020年1月10日、トレジャーデータ株式会社(トレジャーデータ)は、株式会社マイデータ・インテリジェンス(MDI)、株式会社Scalar(Scalar)と協業して、同意管理サービスを2020年3月から共同で提供すると、発表しました。このサービスは、MDI提供のConsent Management Platform(CMP)にトレジャーデータのカスタマーデータプラットフォームとScalarの分散型台帳ソフトウェアを組み合わせました。

同意管理プラットフォームの概要

このプラットフォームは、MDIの情報銀行サービスの「マイデータ・バンクMEY」の機能の一部とScalarの「分散型台帳ソフトウェア Scalar DLT」を組み合わせて、「同意文書および同意の管理」を行う仕組みを提供します。また、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォームである「Arm Treasure Data CDP」と連携することで、マーケティング施策から各種分析、データ活用をシームレスに実現可能です。

さらに、通常のCMPにあるcookie利用に対する同意の取得だけでなく、利用規約やプライバシーポリシーなどの同意文書の管理や、収集データの同意文書情報の付与、自分が同意している文書の参照や撤回などの機能もあります。この機能を利用することで、cookie利用の同意取得だけでなく、個人情報保護法などの法令に準拠した個人情報の活用ができ、企業ブランド価値向上に貢献できます。

協業の経緯

個人情報の取り扱いが重要視される中、cookie等の技術が使用できなくなるなどの技術面での変革期を迎えています。3社は個人情報の利活用を見直すタイミングであると認識し、今回のプラットフォームの提供を共同で行うことに合意しました。

今後MDIは他のソリューション提供企業との連携を拡大して、プライバシー保護重視の企業活動をサポートする予定です。さらに同社のCMPと株式会社電通が提供するPeople Driven DMPとの連携も検討しています。

(画像はトレジャーデータ株式会社 プレスリリースより)

▼外部リンク

トレジャーデータ株式会社 プレスリリース
https://www.treasuredata.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top