BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

イタンジの「申込受付くん」、申込数50,000件、利用賃貸仲介会社数が10,000社を突破

不動産系Web申し込み受付システムの利用社数、申し込み者数増加 キャンペーン実施中

2020年1月6日、イタンジ株式会社は同社の「申込受付くん」が利用賃貸仲介会社数が累計約10,000社、電子申込数は累計50,000件を突破したと、発表しました。同システムは、不動産関連のWeb申し込み受付システムで、導入社数No.1(2019年8月、東京商工リサーチ調べ)のシェアを誇っています。

今回の利用仲介社数、申込数増加を記念して、お年玉キャンペーンを開始しています。同システムで申し込みをした賃貸仲介会社の中から、2020名様に2020円のAmazonギフト券のコードが抽選で当たります。

システムの概要

このシステムは、Cloud ChintAIシリーズです。面倒な手続きが発生する賃貸物件の入居申し込みを、デジタル化しています。希望の物件に入居するまでの労力や時間の削減になります。

使用方法は、まず希望者がWeb上で必要な情報を入力します。管理会社や仲介会社、家賃債務保証会社がこの情報を共有し、手続きの進捗を確認することができます。申し込みから審査までの時間短縮と効率化が実現できます。

イタンジ株式会社

2012年6月に設立された会社です。事業内容は、「一般消費者への不動産サービス提供」、「不動産サービス提供向けのシステム提供」、「不動産業務におけるIT活用コンサルティング」です。「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに、不動産の使用価値と資産価値の最大化を目指しています。

(画像はイタンジ株式会社 ニュースより)

▼外部リンク

イタンジ株式会社 ニュース
https://www.itandi.co.jp/news_posts/433

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top