BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ホンダ、世界最大級の家電見本市「CES 2020」に出展

見本市で技術紹介とパートナーを募集

本田技研工業株式会社(以下ホンダ)は2019年12月18日、「CES 2020」に出展すると、発表しました。同社はこの見本市でオープンイノベーションの取り組み技術を紹介します。また、研究開発や事業化のパートナーを募集します。

出展の内容

「研究開発の促進や事業化に向けたパートナーを募る技術」として、「Honda Energy Management Concept」、「SAFE SWARM」、「Smartphone as Brain」(Drivemode)、「Honda Personal Assistant」(SoundHound)、「Industrial Innovation」(Monolith AI他)があります。

「Honda Personal Assistant」は人とさまざまな機械やネットワークをつなぐインターフェースです。AIエージェントがドライバーの発話で意図を理解します。サウンドハウンド社(米国カリフォルニア州)と共同で開発しました。

また、「将来のオープンイノベーションを見据えたコンセプト発信」では、「自由運転」や「Future Honda Mobility」を出展します。

「CES 2020」の概要

世界最大級の家電見本市で、米国のネバダ州ラスベガス市で開催されます。期間は、2020年1月7日(火)から2020年1月10日(金)までとなっています。

(画像は本田技研工業株式会社 ニュースリリースより)

▼外部リンク

本田技研工業株式会社 ニュースリリース
https://www.honda.co.jp/news/2019/c191218.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top