BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

キヤノンMJ、群集カウントソフトを開発

映像解析ソフトウエアで、群集人数カウントが可能に

2019年12月19日、 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、映像解析ソフトウエアの「People Counter Pro」を2019年12月下旬から発売を開始すると、発表しました。このソフトウエアは、ネットワークカメラの群衆の人数をカウントでき、その結果をグラフ化することができます。

ソフトウエア開発の経緯

ネットワークカメラが普及されている現在、規模の大きいイベントなどの人数や自然災害時の施設内人数の把握をしたい、という要求が高まっていました。同社はこの要求に応えるため、映像の中から約1,500人まで人数をカウントできるソフトウエア開発に至りました。

ソフトウエアの特徴

このソフトウエアは、同社開発のディープラーニングを活用し、群衆人数算出の映像解析技術を使用した、「群衆人数カウント」機能があります。この機能は、数千人規模の群衆人数のカウントが可能です。また、カウントしたデータをグラフ化する「Data Dashboard」などの機能を拡充しています。従来の「エリア人数カウント」や「通過人数カウント」も使用が可能です。

同社は、ネットワークカメラとこのソフトウエアを合わせ、映像解析ソリューションとして公共施設や空港、複合商業施設などに提案していく予定です。

(画像はキヤノンマーケティングジャパングループ ニュースリリースより)

▼外部リンク

キヤノンマーケティングジャパングループ ニュースリリース
https://canon.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top