BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

東海村のホームページ、AI搭載により行政サービスのレコメンド表示を実現

『SMART CMS』のスマートバリューが実現

株式会社スマートバリューは、2019年12月23日、AI搭載により行政サービスのレコメンド表示を可能にした自治体ホームページを、茨城県東海村にて公開しました。

スマートバリューは、クラウド型CMS『SMART CMS』を展開している企業です。東海村のホームページでは、シルバーエッグ・テクノロジー株式会社のリアルタイム・レコメンドサービス『アイジェント・レコメンダー』と、『SMART CMS』を連携することで、レコメンド表示を実現しています。

利用者が求める情報をスマートに提示

近年、自治体における行政業務の効率化や地域課題の解決方法のひとつとして、AIやRPAといったビッグデータ処理技術の活用が、推進されるようになりました。この動きは、政府主導のデジタル・ガバメント閣僚会議でとりまとめられた『デジタル・ガバメント実行計画』を受けて始まったもの。チャットボットを通じた情報提供などは、各地で既に行われています。

東海村ホームページへのAI導入も、こうした動きの一環として行われました。同村は、約1600ページを有するホームページの中から、利用者が求める情報をスマートに提示できるシステムを要望。依頼を受けたスマートバリューは、『SMART CMS』と『アイジェント・レコメンダー』を連携されることで、この要望の実現を果たしました。

職員の負荷軽減も実現

『SMART CMS』と連携する『アイジェント・レコメンダー』は、AIを搭載したレコメンドサービス。このAIエンジンにより東海村ホームページは、住民ひとりひとりに対して取りこぼしなく情報を提供すると共に、職員の負荷軽減も実現しています。

なお同村ホームページでは、公開後しばらくは利用者全体の行動をAIが学習し、その後にレコメンド機能が適用されるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社スマートバリュー
https://www.smartvalue.ad.jp/

「SMART CMS」とAIの連携により行政サービスをレコメンド – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top