BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

HmcommのAI音声自動応答システム「Terry」、ヤマダ電機が導入決定

コールセンターの効率化に活用される

Hmcomm株式会社は、2019年12月18日、同社のAI音声自動応答システム『Terry』について、株式会社 ヤマダ電機での導入が決定したと発表しました。

Hmcommは、産業技術総合研究所発のベンチャーであり、ディープラーニングを活用して音声から価値を提供している企業。ヤマダ電機において『Terry』は、コールセンターの効率化に活用されるとのことです。

商品の販売なども可能なAIオペレータ

Hmcommは、産業技術総合研究所が独自開発した音声処理技術を基盤として、ソリューション/サービスの提供を行っています。同社の『Terry』は、電話音声への対応や商品の販売などが可能なAIオペレータとして、音声認識・音声合成・自然言語処理を活用する形で開発されました。

コールセンターでは近年、人材不足・採用難・人件費アップといった課題が深刻化しています。こうした課題の解決に向けてHmcommは、『Terry』のサービス力強化を企図。様々な製品・ユーザーサポートのノウハウとAI音声処理を組み合わせ、付加価値のあるソリューションを提案するとしています。

革新的サービスで社会への貢献を目指す

今回『Terry』の導入を決定したヤマダ電機は、大手家電量販店を展開している企業。同社のコールセンターでは、営業時間外の家電出張修理受付を実施していなかったため、顧客に不便をかけるという課題が生じていました。『Terry』はこれらの課題の解決と共に、コールセンター運営の効率化や人件費抑制も目指す形で、導入されています。

Hmcommは今後も、革新的サービスを提供することによって、社会への貢献を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Hmcomm株式会社
https://hmcom.co.jp/

ヤマダ電機にAI音声自動応答システム「Terry」の導入が決定 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top